7.想定外の左乳房ST-MMT生検(乳がんと葉状腫瘍体験談)


PCサイト切替はブラウザで^^
◆HOME  ◆ブログ   ◆top


TOP 葉状腫瘍と乳がん記録 > 7.想定外の左乳房ST-MMT生検


ルンルンで右乳房の「MT-MMT生検」を終え、院内カフェでたらふく食べて、午後二時からの左乳房の石灰化ステレオガイド下マンモトーム生検「ST-MMT生検」へイザ!

私のT主治医様は「私失敗しないんです^^ 」の神の手の持ち主だも、全然平気だわーん!

私の前の予約の若い患者が「ST-MMT生検」を受けるためマンモ室へ入室して約20分で終了して出て来ました。やはり「ST-MMT生検」は神の手にかかれば20分なのね~♪それが、その後大変な事に・・。

で、私の番です。マンモ室に入室して、まずは二方向からマンモを撮り位置決め、そしておっぱいをマンモグラフィーの機械に挟んだまま石灰化を狙い撃ち、T主治医様がその箇所に太い針をぶっ刺し12時間の位置(約10箇所)の細胞を掃除機針?で吸引していきます。

麻酔をしているので痛くはないのですが、かなり太い針を刺したままグリグリと12時間方向に回しながら細胞を吸引するわけですから多少の血液が流れます。血を見るのが怖い方は失神する方もいるらしい。私は大丈夫ですがね^^ なにせ還暦ババア。

そして「ST-MMT生検」中は身動き出来ません、それが一番辛いのですが、わずか15分程度なので我慢の範囲ですね^^ なーんて思ったのはその時だけ(;^ω^A

そして吸引した10個程度の細胞を別室でT主治医様が「狙いうちした石灰化が吸引」出来ているか確認するのです。その石灰化を生検に出し、こやつが何ものか「がん細胞?」確認をするわけです。

さて、終了したと思いマンモからおっぱいを外されリラ~クスしていると、T主治医様があわてて戻って来て「んー!なぜだか石灰化が入っていないのでもう一度やらせてね」と・・・・。

えーーー!あんなに沢山取ったのに?弘法も筆の誤りか?しかし「はーい!」と明るく返答して二回目の「ST-MMT生検」へ。

そしてまた挟まれたまま15分身じろぎもせず終了。二度目なので針を刺した傷口から二回分の血液が流れています。そしてT主治医様は吸引した細胞の確認の為検査室へ。

今度は採れただろうに、なにせ私のT主治医様は神の手~♪

すると、またT主治医様、あわてた様子で「どうしてだろう・・一つも取れていない、取れない位置ではないんだが・・レントゲンにははっきりと石灰化が写っているのでね、もう一度取らせてねね」と・・

※「ST-MMT生検」は石灰化の位置によりかなり細胞を摂取するのが難しい生検なのです下手くそな医師などは一回の「ST-MMT生検」に何時間もかかるほどです。
私のT主治医様は「レントゲンに写っている限り私に取れない石灰化はなーい!えっへん」と豪語される程の神の手の持ち主なのですが(;^ω^A

リラックスしてT主治医様の確認を待っていると、あれ~♪またしてもT主治医様があわてて・・

こんな事が5回繰り返され、私の機械に挟まれたままのおっぱいは血だらけ、背筋を伸ばしたまま身動き出来ないので身体もか弱い^^ 神経もヘロヘロ、同じ箇所に何度も太い針を刺す時は血液も流れますし精神的にやられます。看護師様達も凄く心配してリラックスさせてくれるのですが、何よりも神の手のT主治医様がお気の毒でしてね・・

2時から始まった「ST-MMT生検」は20分で終わるはずだった・・今は何時なんだろう・・外で待っているげーは(旦那)は心配しているだろう、何せ20分で出てくると思っているのだからね。

そして最後6回目の「ST-MMT生検」T主治医様は「これ以上はおばはん(私^^ )の身体の負担が大きいので、これで最後にします。これで取れなかったら今日はおしまいにしましょう、何故取れないのか不思議でしょうがない、取れない位置ではない」と。

そこで私も考えました、はいっ^^ 。乳房を挟んでいる機械がとてもゆるく、何度も「ST-MMT生検」を繰り返しているうちにゆるゆるになっている事に気づきました。
私が過去にマンモが強すぎて乳管が傷つき出血した事を看護師様にお話したので、とてもゆるく挟んで下さっているのが原因では?

※「ST-MMT生検」はとにかく石灰化の位置決めが命なのです。私は何度もお勉強してしっています。T主治医様はとても優しい方なので看護師様を疑うような事は出来ないのでしょう。T主治医様もよくblogで綴っておられますが、「ST-MMT生検」は看護師様との連携がとても重要だと語っておられました。その点午前中に受けた「MT-MMT生検」超音波ガイド下マンモトームは直せつT主治医様が超音波の画像をみながら細胞を吸引するのでまぁ、「ST-MMT生検」よりも簡単確実だと思います。

先生に言ってみました「先生は取れない石灰化はないのでしょう^^(ちっょと皮肉も) もしかしたら機械がゆるいので位置がずれているのではないですか?」

するとT主治医様「あぁ・・そうかも、よし再度マンモを取って位置決めから始めましょう」と看護師様へ指示。

このマンモグラフィーの位置決めがまた面倒くさいのです。時間もかかりますしね、でも最後なので慎重に看護師様も位置決めして下さり、イザ本日最後の「ST-MMT生検」へ。

5回刺した傷後の5ミリ程度横の場所に太い針をぶっ刺し開始です。5回もぶっとい針を刺した所は大きな傷跡になるのでは(TT)本来は一度なので大した傷後にはなりませんが、赤く腫れていいる同じ傷口へ何度も太い針を打つのは私はもちろんT主治医様も大変だったでしょうに、流れた血液でタオルは血だらけ、若い患者さんなら失神ものだわよ。

T主治医様は慎重に「ST-MMT生検」を終え、検査室へ・・・・。

待つこと数分「これでも取れなくて、また次回なんて嫌~!」心の中で叫びました!

するとT主治医様が現れて「一つだけ石灰化が入っていましたからね、生検に出します。今日はこれでおしまいです。大変でしたね」T主治医様も少し狼狽しているような感じがいたしました。

私の後の予約の方達はどうしたのでしょう?もう多分何時間も経過していると思いましたね。

とにかくフラフラ~♪で検査室を出るとげーは(旦那)が待合室でよだれを垂らして爆睡していました。ごるぁ~♪

時間を見ると6時半。なんと四時間だがね(名古屋弁はこちら(* ^)3<ぷ~! )

げーは(旦那)に聞いて見ると「何度も看護師様がもう少しですからね~♪」と激励?に来てくれたそうです。待合室を見渡すと次の患者さんらしき若い方達がいました。ホントごめんなさいね・・待たされている間に「ST-MMT生検」が怖くなってしまったのでは?心配になってしましましたが仕方ないですね、誰のせいでもないしさ~♪

そんなこんなでお会計四万円(「ST-MMT生検」+「MT-MMT生検」)少しお支払い往復3時間の小旅行は終わったのです。結果は郵送なので二週間後です。

※げーは(旦那)の会社の健康保険組合は限度額が2万円なので後で戻ります。生検なので保険の日帰り手術の対象にはなりませんが。

疲れたわぁ、それにしても石灰化10個なのに取れたのはひとつとは、T主治医様いわく最低でも半分程度は生検に出したいとおっしっていましたのにね、

ばふーーーーんだわ(TT)


頁の上へ

 
------【 MUHI HOUSEサイト内カテゴリー 】-------
MUHI HOUSE・ホーム | サイトについて | 管理人のブログ | ボウシインコ | ウロコインコ | ハネナガインコ | ブルーボタンインコ | ブルーベリー栽培記 | 足首骨折体験談 | 結膜リンパ腫闘病記 | 網膜裂孔とめまい治療記 | インプラント体験談 | ダイエット体験談 | 老化若返り大作戦 | リフォーム日曜大工の部屋 | 日本県別方言集 | 天然酵母パンレシピ | 花粉症と戦う部屋 | 乳がんと葉状腫瘍治療 | 白内障手術体験談 | ゲームとんぽこたたき