3.シコリのバネ式針生検(乳がんと葉状腫瘍体験談)

PCサイト切替はブラウザで^^
◆HOME  ◆ブログ   ◆top

TOP 葉状腫瘍と乳がん記録 > 3.シコリのバネ式針生検


結局6月に発見したシコリの検査は8月になっていました。

その頃にはシコリは倍の大きさ、毎日確認してはいいようのない不安にかられていました。

この年(還暦(;^ω^A)になってから突然出来る乳房のシコリはまずガンの可能性が高いとネットとかで見ると「ぞーー!」としました。

私のはコリコリと良く動き弾力のある扁平なシコリです。触った感じで3センチ位、育ったものよねぇ・・で、またしてもネットで調べると「扁平で良く動く弾力のあるシコリ」は線維腺腫の可能性大との事。

線維腺腫は良性の腫瘍なので心配はないのですが、閉経後に出来る事はまずないとの事でもあり検査の日まで毎日ネットで検索し「天国と地獄」を行ったり来たり^^

それでもシコリ発見から二ヶ月も腰が上がらず、8月の末に吉祥寺のブレストクリニックにげーは(旦那)と遠足(-_-)。

まず恐怖のぺったんこマンモグラフィー検査。しかし、とても上手な技師さんで心配する事は全くなく痛くもありませんでした。

そして若い先生の超音波検査と触診で「あっこれか・・」とシコリ確認。私も見ながら説明を受ける。


先生「うーーん、これはみた感じは線維腺腫だが、血流もあるし・少しギザギザもあるし・」との事でその場で「バネ式生検」を受けました。

※バネ式生検とは超音波画像を見ながらシコリに狙いを定め、太い針を直接シコリに打ち込み細胞を採取する検査です。 麻酔をするので痛くはありませんが「バチン!バチン!」という音が不気味ですよ。

結局上中下方の3本細胞を採取して終了です。

※細胞採取した以外の箇所にがん細胞があればどうするんだろう?とチラと脳裏に・・。

先生は「結果は一週間後です、形は線維腺腫だが年齢からみると考えにくい、なので乳がんの確率は60%、もし乳がんなら、大丈夫ですよ私の先輩で腕の良い師匠を紹介しますからね、この大きさなら部分摘出手術だと思いますよ、今は一泊入院程度の簡単な手術なので心配いりませんよ~♪」

いやん、もう乳がんと決まったような言い方かーい(TT)。

シコリは2センチと思った程大きなものではありませんでした。乳房の上から摘んで確認する為大きく感じるのでしょうね・・

あぁそれにしても・・ここは吉祥寺、せっかくの吉祥寺、大好きな吉祥寺なのに、久しぶりに来た吉祥寺なのに・・

食事もせずに帰宅したのでした、はふーーーーん!

ad


頁の上へ

 
------【 MUHI HOUSEサイト内カテゴリー 】-------
MUHI HOUSE・ホーム | サイトについて | 管理人のブログ | ボウシインコ | ウロコインコ | ハネナガインコ | ブルーボタンインコ | ブルーベリー栽培記 | 足首骨折体験談 | 結膜リンパ腫闘病記 | 網膜裂孔とめまい治療記 | インプラント体験談 | ダイエット体験談 | 老化若返り大作戦 | リフォーム日曜大工の部屋 | 日本県別方言集 | 天然酵母パンレシピ | 花粉症と戦う部屋 | 乳がんと葉状腫瘍治療 | 白内障手術体験談 | ゲームとんぽこたたき