前の1記事へ次の1記事へ

ツルムラサキとオリーブの実

2019年08月20日

昨夜は凄い豪雨でした。屋根が敗れるかと思いましたがねぇ。

花壇の花や畑(あれ畑といえるんかーい^^;)ツルムラサキが心配でしたが、寝落ちしてしてしまった。睡魔には勝てません^^


ツルムラサキの葉をばったが穴ぼこにしてくれるわい

次から次へと細いつるが伸びて収穫するのですが、茎の部分はコリコリで葉の部分は柔らかくて美味しいですよ~♪

スーパーでツルムラサキは結構なお値段がしますよね、私はぬめぬめ食材はあまり~ですが、げーは(旦那)の好物なので毎日食卓にのぼります。

毎春ツルムラサキの種を3個植えるのですが今年は2本しか芽が出ませんでした、初めての事です。

ツルムラサキの種は冷蔵庫保管で5年もの^^;←おーい、劣化しているんとちゃう?

でも、二本あれば毎日小鉢のおしたしに出来ますよ。ぷ~♪←自分でわらうでない!

※つるむらさきについて

つるむらさきは独特のぬめりとにおいを持つ、カロテン・ビタミンC・カルシウムが豊富な健康野菜です。
暑さに強く、生育旺盛なつる性植物で、主枝を摘芯して次々と発生する分枝の若芽を長さ15cmほどでつみとり、初夏から秋まで収穫します。
夏の日よけ植物としても最適で、窓辺にネットなどでつるを誘引して室内に差し込む日差しを遮る「緑のカーテン」として利用できます。
やわらかいつる先の葉茎を茹でて、おひたしやごまあえなどに。
また同じぬめりのある納豆やもずく、とろろなどとあわせたり、天ぷらなど食べ方は多々あります。
★原種は薄い紫がかった茎をしていますが、現在野菜として出回っているものは茎が緑のタイプが多いです
※栽培方法
植え付け適期・5~6月
収穫・7月~10月
日照・日向向き
良く日の当たる場所に完熟堆肥や化成肥料をすきこんで植え付け、高さ2mの支柱を立てるか、またはネットを張ります。
追肥は液肥200倍を月2回施します。
草丈が25cmに伸びたら、下葉5~6枚を残して主枝を摘芯収穫し、腋芽はつる先が15cmくらい摘めるように伸びだしたら、必ず下葉2~3枚を残して収穫し、次に出てくる芽の数を確保するようにします
出典:園芸ネット プラス

  おりーぶの実もすくすくと育っています^^ 今年もオリーブオイルにするぞー!


オリーブの実を1キロ収穫して50リットル程度ですがね^^;

------------------

 | ぶるーべりー栽培記♪