2019年・柱サボテンヌーダム開花1号

2019年09月10日

去年は2階の完全遮光部屋にいた為柱サボテンヌーダムトゲなし鬼面角ですが、我が家にお迎えして30年目初めて花芽をつけませんでした。

なので今年は東側玄関に移動してめでたく開花1号です^^

昼にはつぼみがパンパンです。

 

午後8時頃から始まりましたよ~♪

ほらほら~♪

そして~♪

満開~♪深夜2時撮影~♪大輪20センチです。

過去の柱サボテンヌーダムトゲなし鬼面角の開花~♪

そして翌朝にはしぼんでしまう潔さ^^ 素敵~♪でもせめてもう一度くらい開いて欲しいなの。

↓こちらはあまりに成長しすぎて胴切りした柱サボテンヌーダムトゲなし鬼面角の切り口から子株が出てる~♪

もう少しキレイにスパッと胴切りすれば美しい六角形になったのにね、おばはんの性格上(-_-;)


柱サボテンヌーダムトゲなし鬼面角について

棘のない柱サボテン^^ こんなにカッコイイサボテン他にはそうそうないっしょ^^ 
柱サボテンヌーダムトゲなし鬼面角オブジェのような観葉植物ですね。
難易度:★★☆☆✩
別名:六角柱、セレウス、仙人棒、
分類:サボテン科柱サボテン属。サボテン科セレウス属
置き場所:レースのカーテン越しなど日の当たる明るい室内外。直射日光でも大丈夫!いきなりの直射日光は葉焼けを起こすので徐々にならす。
耐寒性:0~5度以上で管理。寒さに弱いので冬は暖かい場所で管理。
水やり:土が乾いたら水を与えてください。冬は控えめに。月に1、2回で大丈夫です。水のやり過ぎは根元が腐ってしまいますので注意。
「キメンカク」は、南米系の柱型サボテンの仲間で、幹の断面が六角状に展開することから、別名「六角柱」とも呼ばれ、自然環境では最大で15mmまで生長するいわれています。 ある程度生長すると脇芽が生え、枝状に展開します。
夏場になると花芽を伸ばし、7月~8月ごろの夜間に孔雀サボテンに似た大輪の花を咲かせます。
但し、本種は開花周期があり、個体差はあるものの5年~6年に1度咲くという珍しい特長もあるサボテンです

  セレウスともいいますが私は「ヌーダム」って呼称の方が好き~♪

電化製品の近くに設置すると電磁波を吸収してくれるとか・・ホントですかね^^

可愛い相棒です。



----------------
TOPPAGEブログの最初へ  TOP頁の上へ 
------【 MUHI HOUSEサイト内カテゴリー 】-------
MUHI HOUSE・ホーム | サイトについて | 管理人のブログ | ボウシインコ | ウロコインコ | ハネナガインコ | ブルーボタンインコ | ブルーベリー栽培記 | 足首骨折体験談 | 結膜リンパ腫闘病記 | 網膜裂孔とめまい治療記 | インプラント体験談 | ダイエット体験談 | 老化若返り大作戦 | リフォーム日曜大工の部屋 | 日本県別方言集 | 天然酵母パンレシピ | 花粉症と戦う部屋 | 乳がんと葉状腫瘍治療 | 白内障手術体験談 | ゲームとんぽこたたき