ショートステイ・母の恐怖体験(足首骨折体験談,足関節果部骨折の治療と症状。足の骨折ギブス装着と松葉杖体験談,足骨折経験談,足骨折ハビリ闘病記)


------------------------------------


骨折TOP 母の腰椎圧迫骨折と坐骨神経痛治療記録ショートステイ・母の恐怖体験

高齢者の恥骨骨折と坐骨骨折 治療とリハビリ

翌日げーはと千葉行脚・・・母の居るショートステイに出向く。

自立式ケアハウスの隣、同じ経営者さんの特養併設の個室でのショートステイ。

昨年末の介護認定で 要支援Ⅱまで復活した87歳の母でしたが・・

ケアマネージャー曰く、今回の恥骨坐骨骨折での絶対安静を受けて再認定するとの事です。

ワタシ的には要支援Ⅱのまま、ショートステイさせて頂いた方が安くで良いのですがね・・

施設としては儲けなくてはね~♪

言われるままに、要介護の契約を済ませ、母の個室へ

途中で食事から車いすで部屋に帰る途中の母と出くわすと・・・

私達の顔を見た母の恐怖の絶叫が・・

「ここは地獄だよ~!ここは地獄。ここは地獄だよ~!」

車いすを押して下さるヘルパーさんに悪くて

「お世話になるのだからそんな事言わないでね」と諭したのですが・・錯乱状態・・・あわわわわわ

母の気持ちも解りますよ。

まだまだ自立していて洗濯も支払いも買い物もすべて自分でできる母です。

ショートステイと言えども 特養併設型なので、食事は特養の方々と同じテーブルです。

認知症の方も沢山いらっしゃいますのでね・・。

部屋の戻り母の話を聞くと

認知症の方が食事の間も叫びまくり、恐ろしい光景だと言うのです。流動食の方も沢山おられて口からは流動食がだらだらで気持ちが悪くて一緒に食事出来ないと言うのです。

そして、ここは人間の居るところではないとも・・(-_-)

母は、今回脚が痛くて歩けなくなったため、強制的に特養に入れられて、もう前の施設には戻れないと思ったのでした^^

医者からの説明もなく、自分が骨折していて2週間程度安静の為、ショートステイさせてもらう事が理解不能・・錯乱状態なのでした。

痛くて歩くのが苦痛だったはずなのに「どこも痛くないのでケアハウスに帰る」の一点張り

母に自分の状況を説明し、安静後はここを出られると時間を掛けて説明し、なんとなく納得させたのですが・・

かわいそうな人達が沢山居るのだから、地獄なとと言わないでねとも・・

母は「そうだな・・好きでそうなったわけじゃないからな・・」何となく理解した様ですが・・・・

高齢者が色々な意味でショックを受けると「認知症が進む」の意味が分かったわたくし・・

3年前の腰椎圧迫骨折入院の時から突然物忘れ状態が進んだわけですし・・そのときの事は殆ど忘れているわけだし・・・

老いるってね・・・・・生きるって事なんだね~♪


-----------



ページの上へ

HOME ・ブログ母と私の骨折体験談TOP

管理人の足首骨折.症状.リハビリ体験談


母の腰椎圧迫骨折と坐骨神経痛治療記録


骨折の時役に立つお店

総合健康商社 「福祉工房」
助かる骨折補助・介護用品が揃っています。

楽天市場・骨折・ギブス用品
・一番お得なお店が探せます。

Shop de clinic楽天市場店
・病院様から個人様まで、医療機器商社ならではの品揃え・適正価格でトータルサポート!

医療、福祉、健康用品専門店 光一
・介助・介護・サポート用品が沢山揃っています。
----------------

 
--------------------【 MUHI HOUSEサイト内カテゴリー 】--------------------
MUHI HOUSE・ホーム | サイトについて | 管理人のブログ | ボウシインコ | ウロコインコ | ハネナガインコ | ブルーボタンインコ | ブルーベリー栽培記 | 足首骨折体験談 | 結膜リンパ腫闘病記 | 網膜裂孔とめまい治療記 | インプラント体験談 | ダイエット体験談 | 老化若返り対策 | リフォーム日曜大工の部屋 | 日本県別方言集 | 天然酵母パンレシピ