ショートステイで絶対安静って?(足首骨折体験談,足関節果部骨折の治療と症状。足の骨折ギブス装着と松葉杖体験談,足骨折経験談,足骨折ハビリ闘病記)


------------------------------------


骨折TOP 母の腰椎圧迫骨折と坐骨神経痛治療記録ショートステイで絶対安静って?

さて・・めでたく?恥骨骨折と診断された87歳の母・・。

母の居る自立ケアハウス(軽費老人ホーム)の施設長さんから電話があったのは午後3時頃・・。

母がいつものように病院の送迎バスでクリニックに行ったのが午前中。

帰宅して食堂に行き、食事が終わって部屋に戻ったのは午後12時半。

私が母に電話したのは、午後1時。

「ごはん食べた?クリニツクに行った?」「行ったよ~♪今ごはん終わって部屋に居る所」と元気でした。

そして、2時間後に施設長から「クリニックから電話があって、お母さんは恥骨骨折との事です。」と・・。

驚いた私は「骨折ならばどこかに入院させなくてはいけませんね」

施設長「ホームの隣の特養に併設のショートステイに部屋がとれたのでそこで安静にして頂くと良いと思います」って・・

隣の特養も施設長さんの経営なのでして・・・

多分クリニツクから施設長さんに電話があったのは、母の診察が終わって診断が出た直後だと思うのですよね・・

まさか骨折と判明した87歳の母を送迎バスで帰宅させる事は無いでしょうから・・

クリニックには入院施設が無いので、どこかに救急車で入院させますか?クリニツクの特養のショートステイで2週間安静にさせますか?」とのお伺いだったと思います。

※クリニックにも特養併設しており、ショートステイも療養施設もありますのでね・・

しかし、電話を受けた施設長は保護者である私の意向を聞くまでもなく、自分の経営している隣接している特養のショートステイに部屋を取ったのでしょうね・・( ̄_ ̄|||)

施設には指導長さんという方がいて、数日前に「万が一、脚の痛みが骨折と診断された時は、あそこがあそこの病院に入院させて下さい」と打合せ済みだったのですが、あいにくその日は担当の指導長さんがお休みの日だったのです。

※3年前も 母の腰の痛みが腰椎骨折と診断されたのはひと月後でしたからね・・骨粗しょう症の高齢者の骨折診断は容易ではないのでがんす・・。

施設長さんは保護者の私に相談連絡する事なく、自分の経営する隣の特養併設のショートステイに個室を取り、すべて段取りした後に私に連絡して来たってわけです(#´O`)はふ------ん

電話を受けた私としては、もう決まった事に対して「病院に入院させてほしい」とも言えず、お手数をお掛けしたお礼を言うとともに指示に従うしかないのでした・・

骨折の治療は安静って事は知っているのですが、ショートステイでは、ただ安静にしているだけで、経過もその後のリハビリも出来ません・・どーすんの(-_-)

しかし・・まずは翌日往復6時間の旅・・母のショートステイの所にげーはと行く事にしましたです・はいっ


-----------



ページの上へ

HOME ・ブログ母と私の骨折体験談TOP

管理人の足首骨折.症状.リハビリ体験談


母の腰椎圧迫骨折と坐骨神経痛治療記録


骨折の時役に立つお店

総合健康商社 「福祉工房」
助かる骨折補助・介護用品が揃っています。

楽天市場・骨折・ギブス用品
・一番お得なお店が探せます。

Shop de clinic楽天市場店
・病院様から個人様まで、医療機器商社ならではの品揃え・適正価格でトータルサポート!

医療、福祉、健康用品専門店 光一
・介助・介護・サポート用品が沢山揃っています。
----------------

 
--------------------【 MUHI HOUSEサイト内カテゴリー 】--------------------
MUHI HOUSE・ホーム | サイトについて | 管理人のブログ | ボウシインコ | ウロコインコ | ハネナガインコ | ブルーボタンインコ | ブルーベリー栽培記 | 足首骨折体験談 | 結膜リンパ腫闘病記 | 網膜裂孔とめまい治療記 | インプラント体験談 | ダイエット体験談 | 老化若返り対策 | リフォーム日曜大工の部屋 | 日本県別方言集 | 天然酵母パンレシピ