不思議~な骨折入院生活の全貌(足首骨折体験談,足関節果部骨折の治療と症状。足の骨折ギブス装着と松葉杖体験談,足骨折経験談,足骨折ハビリ闘病記)


------------------------------------


骨折TOP 管理人の足首骨折の治療・リハビリ体験談不思議~な骨折入院生活の全貌

2003.5.15・・骨折6日目・・実に不思議~で貴重な骨折入院生活でございました♪私にとっては生涯の初入院体験。しかも足首関節骨折入院とは・・とほほ!
わずか3泊4日でしたが、初めての骨折入院体験でした♪ 6611.jpg 整形外科病棟は大部屋8人・・差額ベット代無し→助かりました・金穴人としては。しかし今度入院する事があれば保険を掛けておいて個室がいいなぁ・・。

入院患者殆どの方がご高齢の方で骨折・腰痛入院です。したがって、トイレ~洗面等迄、身の回りの事は介護の方任せでございました。私の場合、洗面・トイレ等は車椅子でOK!でした・・ ホッ♪

・・不思議・・そのⅠ・・同部屋の患者様は寝たきりで殆ど動けなくやせ細った方ばかりなのに、何故か食事は常食指定。ご飯は300グラム(茶碗2杯分)殆どの方がすべて完食~ウマヒィ 。
この病院はカロリー制限食、1200.1500.1800㌍食と2300㌍の常食。朝食パン指定又は全食パン指定が選べ、嫌いな物があれば他の食品に変更が可能でした。この点のみ・・・ very d(*⌒▽⌒*)b good ♪

・・・ショックで食欲のないわたくしの場合、一口胃袋に流し込むのがやっとでございました・ははっ。それにしてもあの食器、なんとかなんないものでしか・・ε= (´∞` ) ハァー

・・不思議・・そのⅡ・・結構、昼間はノタノタ歩き回って元気な入院患者様ですが、おしっこ・うんちはベット脇のおまる又はおむつ&便器。何故でしぃ~(?_?)

・・不思議・・そのⅢ・・本当に動けなくておむつをしている患者さんが看護婦さんにおむつ交換をお願いしても、「チョイトオマチ!!・・・・」を何度も繰り返し、挙げ句の果てには「え~ ? なにぃ~何がして欲しいのぉ~」やたらオトボケ なのには驚きました。
ようやく・おむつ交換して貰っても・「拭いてくれないから気持ち悪いのぉ・・ シクシク」と、泣いている患者さんは本当に可哀想でした。(w_-; ウゥ・・もしかして。イジメテルナイ?・・

・・不思議・・そのⅣ・・病室の消灯時間は午後九時・・・・。当然ながら病室のテレビも電気もすっかり消され、大部屋のカーテンは各ベットごとに仕切られ閉じられます。消灯後しばらくは・・し~ん・・・・で、しばらくすると、部屋の中から何やら「じょぼじょぼ・・・ぷっ・・・」の音とともにぷぁ~んと何やら臭いが・・・暗くなると皆様もよおされるようです・・・・はいっ♪

して、又暫くするとあちらこちらから「んがぁ・・・・んごぉ・・・ぐぎゃあ・・・」心地よい寝息が・・・確か皆様「わたしゃ・・・夜寝むれんで・・・困った困った・・(*´ο`*)=3 はふぅん」と、お口を揃えておっしゃっていらっしゃいましたはずだのにぃ.^^.

して・明け方近くになると、あちらこちらから「ガサッゴソッ・・・ガソッ・・・」と、何やら紙袋の音と何やらお食べになっているような音が・・・(-"-;A ..。して又「じょぼじょぼ・・・ぷっ・・・」が始まり・。本当に暗くて長~くて楽しい入院生活の夜でございました^^

・・不思議・・そのⅤ・・私の場合骨折足は手術せずギブスで固めて放置、の「ほっとけ治療」にもかかわらず何故か、腹・胸・血液検査までバッチリされ。大きな声では言えませんがもしかして・お金儲け主義?それとも・同じ日に同じ骨折入院された下記の「おまけ・・悲しい病棟物語Ⅱ」の女性と間違えられたのでは?それで・診断も二転三転したのでは・・・・これなら不可解な入院生活も納得なのでしが・・・・・でも・あんな美しく若い患者さんと間違えられるのならいいかも。おーーーーっほほほほほっ !


6631.jpg おまけ・・悲しい病棟物語Ⅰ・・ご高齢で事故にあい、残念なことに寝たきりになってしまった方がいらっしゃいました。やはり・・痴呆がすすんでいる様です。隣の四人部屋の患者さんでした。日中はそうでもないのですが、九時消灯後その方の悲しげな声が・「おかぁさーん・おとうさぁーん・○○ちゃーん」と明け方迄延々と繰り返し叫ぶのです・・・。

もうお一の入院患者さん。やはり他の病室のご高齢の方。深夜二時頃になると廊下の徘徊が始まります。
で・深夜勤の看護婦さんに、とっつかまりおこごと。すると「どなたかぁ・・・・・助けて~!」の絶叫が始まります・・延々とやはり明け方迄・・・ ・・か弱いわたくしは(*'ω'*)......ん?・心電図モニターの機械音「パコパコ・・パッパコ・・・」の音ともに、なんだかとてももの悲しくて・・入院中すっかり眠れませんでした・・ ハァー

・・おまけ・・悲しい病棟物語Ⅱ・・隣の病室にとても若い美しい患者さんがいらっしゃいました。私と同じ日に、やはり救急車で骨折入院されたとの事です。不運なその方は、大阪から新婚旅行帰りに東京・吉祥寺ででおみやげを買い、両手におみやげをぶら下げたまま・駅の階段から転げ落ち 骨折されたようです。

膝上大腿骨あたりから包帯で借り固定されたまま・ベットに横たわっていらっしゃいました。あの様子では、洗面トイレ等もご自分では無理でしょう。仮固定なので腫れが引いてから手術なのでしょう・・・ 新婚さんだと言うのに、まして故郷離れて東京で。お見舞いに訪れたお友達の前で(; ;)ホロホロ涙涙でした・・・

早く旦那様のいる大阪に転院して、1日も早く復帰出来るといいね・・く( ̄Д ̄)ノガンバレーーー♪


-----------



ページの上へ

HOME ・ブログ母と私の骨折体験談TOP

管理人の足首骨折.症状.リハビリ体験談


母の腰椎圧迫骨折と坐骨神経痛治療記録


骨折の時役に立つお店

総合健康商社 「福祉工房」
助かる骨折補助・介護用品が揃っています。

楽天市場・骨折・ギブス用品
・一番お得なお店が探せます。

Shop de clinic楽天市場店
・病院様から個人様まで、医療機器商社ならではの品揃え・適正価格でトータルサポート!

医療、福祉、健康用品専門店 光一
・介助・介護・サポート用品が沢山揃っています。
----------------

 
--------------------【 MUHI HOUSEサイト内カテゴリー 】--------------------
MUHI HOUSE・ホーム | サイトについて | 管理人のブログ | ボウシインコ | ウロコインコ | ハネナガインコ | ブルーボタンインコ | ブルーベリー栽培記 | 足首骨折体験談 | 結膜リンパ腫闘病記 | 網膜裂孔とめまい治療記 | インプラント体験談 | ダイエット体験談 | 老化若返り対策 | リフォーム日曜大工の部屋 | 日本県別方言集 | 天然酵母パンレシピ