アンチョビオリーブとシードのライ麦プチフランス(酵母が笑う♪天然酵母とホームベーカリー(HB)で作る手作りパンたち♪)


-----------------------------------------

TOP パネトーネマザーのレシピアンチョビオリーブとシードのライ麦プチフランス

オリーブはグリーンオリーブもブラックオリーブも好きですが、やはりアンチョビオリーブが一番好きです^^

アンチョビを生地に練りこんだオリーブパンを時々買いますが美味しいですよね。でも高い~♪自分で作ります^^

1131284.jpg

贅沢に 三種類のオリーブの塩漬けと二種類のシードを入れた天然酵母ライ麦フランスのレシピです^^

113121.jpg

・練りと一次発酵迄はホームベーカリー(HB)で。
・室温20℃ 水温25℃ 
・一斤 9個分 一個の生地60g
・MK(HB)HB-150  練り20分+発酵コース60分

113122.jpg
こちらはミックスコールで具材を練りこんだ為具材は潰れていますが美味しいです^^

<材料>

・水・・200g
・強力粉・・260g  春恋+1wc
・ライ麦粗びき・・30g
・パネトーネマザー粉末・・8.5g
・砂糖・・10g
・塩・・4g
・オリーブオイル・・10g
・スキムミルク・・8g   
 ↑これはいれなくても良いですか゛私は必ず入れます。

・ハーブ・・バジル 2g
・シード類(ひまわり・かぼちゃ)・・20g

★アンチョビオリーブ9個 半分にスライス

☆グリーンオリーブ・ブラックオリーブ  各9個 スライス

*・・オリーブはどれか一種類でも
*・・シードはなくてもお好みで。私は老化防止(;^ω^Aの為必ずいれますが^^

<作り方>

・☆以外 粉・パネトーネマザー粉末・砂糖・塩を混ぜて練り+発酵コースオン

練りが終わったらケースから取り出し、☆のスライスの方を手で混ぜ込み丸めてケースを戻し発酵へ

・発酵の様子を見て不足していたら追加発酵する。

一次発酵が終わったら、ケースを取り出し、ラップの裏に軽く霧をふきケースにフタをする。
そのまま28℃前後で30分二次発酵

・キャンパス地に取り出しスケッパーで9当分し、軽くガス吹きまるめ、キャンバス地で多い、水で濡らして絞ったフキンをかぶせ、ベンチタイム20分

・キャンパス地に一つずつ取り出し成形
*成形時に、★のアンチョビオリーブを半分2個中に入れ込んで好きな形に成形し(丸とかバケット型)最終発酵へ

・湿度80%程度にして(ビニールに霧を吹く等)ビニールでおおい、約二倍に最終発酵

・お好みでクープを入れたり、オリーブオイルを塗ったり、粉をふったり、オリーブオイルを塗ったりして 余熱しておいたオーブンで焼成。
 鉄板ごと余熱し、発酵した生地を移したら、生地にたっぷり霧を吹いたり、溝のある鉄板ならお湯を入れて焼成。  

 ◆小さいプチフランスなので、あまりクープとかにこだわらないで焼いています^^  と、いうか負け惜しみ^^

やっぱり・・あつあつ・・外はパリパリ・・中はもちもち・・

アンチョビオリーブと他のオリーブの塩味と、シードのコリコリ感のコラボレーションがたまりません。

114251.jpg*自家製天然酵母(中種法)で作ったアンチョビオリーブのフランス食パンレシピはこちらです^^

113211.jpg*・パネトーネマザーで作ったアンチョビオリーブとベーコンロールパンレシピはこちら


-----------------------------------------


ページの上へ

HOME ・ブログ天然酵母パンレシピ

◆美味しいパンを焼く準備とコツ


◆我が家のパン作りの基本とうんちく^^


◆自家製天然酵母液と中種の作り方


◆自家製天然酵母で作るパン


◆ホシノ天然酵母パンレシピ


◆パネトーネマザーパンレシピ


◆私のホームベーカリー紹介


スポンサードリンク