シュトーレンく(エムケーHB)(酵母が笑う♪天然酵母とホームベーカリー(HB)で作る手作りパンたち♪)


-----------------------------------------

TOP パネトーネマザーのレシピシュトーレンく(エムケーHB)

ムケーホームベーカリー(HB)HB-150 パネトーネマザー粉末を使い ドイツのクリスマスイースト菓子 シュトーレンを焼きました。 

エムケーホームベーカリー(HB)HB-150には「シュトーレン」コースがついています。
パンケースの形から、シュトーレンというより パネトーネに近い(;^ω^A  週に数回は焼いています。

★フルーツパン菓子・シュトーレンを天然酵母パネトーネマザー粉末で焼くレシピ

・タンパク質12.2%の強力粉と薄力粉同量使用。
・ミックスフルーツはブランデー漬けで♪
・高さ12㎝です。
・パネトーネマザー粉末(製パン用)を30gも入れた結果です(;^ω^A


pan8.jpg


自家用の時は、パターコーティング粉糖も微量です^^

かなりふんわりずっしりシュトーレンが焼き上がりました♪
お味はお店で買うより極ウマのホームベーカリー(HB)で焼いたシュトーレンです♪

S1.jpg

皮はクッキーのようにサクサク♪中はふんわりしっとり・・

具を最初から投入すると捏ねやすいのですが、↓具がつぶれて粉々になります
高齢の母にプレゼントする時につぶします。味は同じ~♪
11249.jpg 

112201.jpg  112202.jpg
かさ高11㎝ パネトーネマザー粉末25g

★・・MK(HB)HB-150 とホシノ天然酵母(丹沢酵母)で焼いたクグロフはこちら♪

S3.jpg S4.jpg S5.jpg 
全ての材料          捏ねはじめ    捏ね温度 少し低く27℃だった

S6.jpg S1.jpg 11336.jpg
   発酵中       焼き上がり   外はクッキーみたいにサクサク中はしっとりうま~♪

ブランデー漬けのミックスフルーツを使用した時は、ビニール袋に入れて、2.3日寝かせた方が美味しいね^^

◆シュトーレンのレシピ

<材料>

・強力粉       160g
・薄力粉       160g・・時々おから粉も入れます
・牛乳        110L
・卵          50g
・塩           4g
・バター        90g
・シナモン       1g
・ナツメグ       1g
・ドライイースト   8.4g
(パネトーネマザー粉末(製パン用)は6~8% 25g)
★ラムレーズン  100g
★フルーツ類    80g
★ナッツ類     50g

仕上げ用パター  少々
粉糖         少々

<作り方>

・MK(HB)HB-150 使用
・★以外を捏ね、ミックスコールで★を投入  

注・・説明書のレシピ通りだと、固くて捏ねにくいので、捏ねのお手伝いをしながら様子を見ながら水分を増やします。これポイント♪
   最初から具材を投入して捏ねれば捏ねやすいし水分調整もなしに。

後はお任せ^^

エムケー(HB)HB-150 シュトーレンの工程

シュトーレン」自動コースは、以下のような感じでした。

・捏ね 約 8分 ミックス投入 捏ね 7分
・一次発酵 約28℃ 1時間20分
・パンチ
・二次発酵 20分
・パンチ゜
・成形発酵 40分
・焼成   1時間20分

二次発酵から焼成に入った時間不明(;^ω^A

だいたいこんな感じだったと思います。参考までに・・

エムケーホームベーカリー(HB)HB-150のシュトーレンは 強力粉と薄力粉を同量使います。本当に外はクッキーのようにサクサクで中はふんわりスィートで美味しいて゛す。

ホームベーカリー(HB)でシュトーレンが焼けるなんて・・少し感激なのでした^^

・シュトーレンの鳩の寝床形にしたい場合は、一度発酵の後取り出して、成形→成形発酵からオーブンで焼けば良いですね。


★クリスマスの保存パン・フルーツブレットのウンチク^^

クリスマスには世界中で保存のきく楽しいフルーツブレットを作っています。

◆クーゲルホッフ(クグロフ)・・オーストラリアやフランスではポピュラーなパン。
 その形は僧侶の帽子をイメージしたもので、クグロフ型と呼ばれる専用の型で焼きます。

◆パネトーネ・・イタリアのクリスマスにはかかせないフルーツブレット。
 生地にフルーツやドレンチェリーをたっぷり混ぜ込んで、円筒形の紙ケースに入れて焼きます。
  パネトーネマザー粉末(製パン用) は、このオーストラリアでパネトーネを焼く時に使われる酵母の一種です。

◆コロンバ・・鳩の形に焼いたユニークなフルーツブレット。ヨーロッパではクリスマスはもちろん、復活祭のパンとしても有名です。

◆シュトーレン・・キリストの寝床を形どったといわれる、ドイツのフルーツブレッドです。
 MK(HB)HB-150 ではシュトーレンコースがあるので良く焼いています。

*・・いずれもブリオッシュの生地に色々なフルーツを混ぜて焼きます。
   配合は様々で、バターが多かったり、卵が多かったり お好みで作って下さいな~♪

私は、栄養価の高い ナッツ(くるみ アーモンド ココナッツ)を必ず入れます^^ 本当は老化防止(;^ω^A

◆クリスマスパン菓子について・・

・キリストの寝床を形どったと言われるドイツのクリスマスのイースト菓子です。
同じようなクリスマスのイースト菓子で イタリヤは「パネトーネ」ですね。他にも「クグロフ」形で焼いたクリスマスパン・・焼き型により少しずつ材料の配合が違いますね。

お店では、強力粉100%で焼く場合が多いですが、 薄力粉と同量入れたり、小麦全粉粉を混ぜたり、ミックスもナッツ・ミックスフルーツ、洋酒にじっくり漬けた物を入れると美味しいですよね~♪

すぐに食べるよりも数日寝かせた方が、フルーツの香りが引き立ちまろやかな生地になりますしね~♪
焼き立てよりも少しさっぱりしたフルーツケーキって感じで、朝食にもおやつにもなりますよね。

今まではオーブンで焼いていましたが、これからは,エムケーホームベーカリー(HB)HB-150の「シュトーレン」コースで時々焼いてみよう^^
。簡単だし洗い物が出ない(;^ω^A
エムケーさんのレシピでは強力粉と薄力粉半々でした。

次回は普通のスイートコースでもパネトーネとして焼いてみようと思います。パンケースの形はパネトーネに近いしね^^

不思議ですが、リッチな生地なので、このまま涼しいところにビニール袋に入れて冷暗所で数か月保存できるんですって。へぇ・・

忙しいクリスマスの贅沢な保存食ですね^^

*・・ただし、長期保存させる為には焼く時の条件があるようです。
バターは粉の30%以上、水分は50%以下、長時間発酵させ、じっくり水分を飛ばして焼き上げ、焼きあがったシュトーレンにバターと粉糖でしっかりコーティングする事。

★ここだけの話

今回使用したイースト菌は ★パネトーネマザー粉末製パン用★です。エムケーメーカーさんでは推奨していないので自己責任でね^^
パネトーネマザーでシュトーレンを焼いたのは初めてなので 割合がわからず適当に7%22gで。
あとで パネトーネマザー粉末「製パン用」の会社に電話で尋ねたところ、やはりシュトーレン・パネトーネの場合は 6~8%で良いのでは・・との事でした。

大正解だったのね~♪

酵母菌 パネトーネマザーは本当にふっくら良い香りに焼き上がり殆ど失敗がありません。
本来は粉の1%で低温でじつくり発酵させる酵母菌ですが、ホームベーカリー(HB)で使用するときはかなりの量を使います。

,エムケーホームベーカリー(HB)HB-150は発酵時間がかなり長いので、普通のパンなら3%程度でも大丈夫ですね。

 S7.jpg,エムケーホームベーカリー(HB)HB-150は三代目です。
エムケーホームベーカリー(HB)HB-150を購入した理由は「シュトーレンが焼ける」って事で即買い♪


-----------------------------------------


ページの上へ

HOME ・ブログ天然酵母パンレシピ

◆美味しいパンを焼く準備とコツ


◆我が家のパン作りの基本とうんちく^^


◆自家製天然酵母液と中種の作り方


◆自家製天然酵母で作るパン


◆ホシノ天然酵母パンレシピ


◆パネトーネマザーパンレシピ


◆私のホームベーカリー紹介


スポンサードリンク