ヨーグルトレーズン酵母エキスの作り方(酵母が笑う♪天然酵母とホームベーカリー(HB)で作る手作りパンたち♪)

PCサイト切替はブラウザで^^
◆HOME  ◆ブログ   ◆top

TOP 自家製天然酵母液種と中種(元種)の作り方 > ヨーグルトレーズン酵母エキスの作り方


ヨーグルトレーズンのミックス酵母液種(エキス)の作り方(レシピ)
ヨーグルトと色々なフルーツのミックス酵母液種(エキス)のパワーは最強です。
最初ヨーグルトといちごのミックス酵母液種(エキス)を作り、そのパワーの強さとクセのないおいしさに魅せられた私は色々なフルーツとヨーグルトのミックス自家製天然酵母液種(エキス)を作っておいしいパンを堪能しています^^
簡単で失敗の少ないヨーグルトとフルーツのミックス酵母液種(エキス)です。

11594.jpg  

 「自家製天然酵母ヨーグルトレーズン酵母液種(エキス)」の作り方

★材 料

・一度煮沸したお湯 30℃・・120g 私はボルヴィックですが普通に水道水でもOK。
グリーンレーズン・・30g オイルコーティングしていないもの。
・ヨーグルト・・100g  どのヨーグルトでも
・砂糖・・30g  多いほうがパンが発酵しやすい。甘味のあるヨーグルトでもOK

・酵母起こしの時にカビの発生が殆どないよい子^^
・他の酵母起こしと同じく雑菌混入を防ぐためにフキンとか使用しない。
・全部入れたら混ぜるために振って軽くフタをする。(雑菌を防ぐためスプーンとかフキンでふかない)
・どの酵母液も シュワシュワブクブク発酵するまで
・出来上がった液種は、レーズン酵母液よりはクセの少ないパワーの強い風味豊かなパンが作れます(まずはストレート法でレーズンの実も一緒に練りこみましょう )

・私は自作のカスピ海ヨーグルトの願い・天使のヨーグルトで作ります。
・このレシピは佐原さんの本を参考にして自分流にアレンジしています。
自作のカスピ海ヨーグルトの作り方(レシピ)はこちらです。

★作り方

・フタは呼吸が出来る程度に軽くフタを閉めて暖かい(30℃以下)ところに放置^^
・夏場常温に放置で数回振ってフタを開ければ2.3日で出来ます。超簡単~♪
・1日に数回良く混ぜ、フタを開けて空気を入れる (酸素を取り入れてカビを防ぐ為)
・酵母の好きな温度は25℃~28℃らしいです。30℃では雑菌腐敗の危険あり^^
・腐敗臭がしたら失敗~♪雑菌繁殖腐敗です。とっとと捨てましょう^^
・そのまま飲んでも美味しいのです(* ^)3<ぷ~!

★初日:23℃

11571.jpg

・材料を全て混ぜ、フタを軽く乗っけ暖かい所に放置。
・フタはアルミ箔かラップでフタをして爪楊枝で数個空気穴を開けても良い。 酸素を取り入れゴミが入るのを防ぐ為

★三日後 室温23℃前後

11591.jpg

細かく発砲し、二酸化炭素発生で順調、沈んでいたレーズンも浮いてきました。

★4日で完成:室温23℃

  11594.jpg
・レーズンが全て浮き上がり、濃いアワアワシュワシュワで完成~♪
・ヨーグルトとレーズンの混ざった香りと発酵匂がします。腐敗した臭いがしたら失敗です。捨ててね
・あまり長く放置しないで、冷蔵庫にフタをきちっと閉めて保存。

このヨーグルレーズン酵母エキスを使って中種を作れば、生地の25%程度でホームベーカリー(HB)でも手作りでも美味しい自家製天然酵母パンが作れますよ~♪絶対お勧めです。中種のパワーも最強で冷蔵庫に入れても発酵し続け、発酵力が強すぎるときはお水と粉を足して調整します。

☆中種の作り方は自家製天然酵母エキスから中種の作り方で見てね

このヨーグルトとフルーツミックスの酵母液種(エキス)パワーは最強ですね。 この酵母エキスで作った中種(元種)は250gの粉に対して60gでもホームベーカリーの天然酵母自動コースで問題なく作れました。通常は70gです。

★温め方色々

夏は常温でよいですが冬場は色々工夫して

11465.jpg k5.jpg
ホームベーカリー(HB)で   ヨーグルトメーカーで

11484.jpg

ペットヒーターにフタをして^^パンケース パニエーレフタを被せて

他 冷蔵庫の上とか、ストーブの前とか。30℃以上は殺菌繁殖に気をつけて下さい。

★ストレート法

ストレート法ならこの液種をそのまま全ての水分として使用します。その場合一次発酵に時間がかかります。 夜練って朝まで放置発酵が一番よいかな

・ちょっとした工夫で実は・・ストレート法でもホームベーカリー(HB)の天然酵母コースでパンが作れるんですよ~♪

★中種法

①酵母液種(エキス)100ccに強力粉100gをかき混ぜ、ブクブクと発酵し2倍くらい迄発酵させる。
このままでも中種として天然酵母パン作りに使えまが、更にしっかり安定させる為に①同量の液種と強力粉を足して二倍に発酵。

・三回ほど同量足すとかなり発酵が安定します。 何回も作っているとだいたいの加減が分かるようになります。

中種(元種)の起こし方はこちらです

★このように同量足し続ければ永遠に中種として使えます^^ が、味も風味も落ちるので私は数回で使い切ります。

もったりした中種を作れば(60g~80g さらっとした元種なら120g程度)ホームベーカリー(HB)の天然酵母コースで美味しいパンが作れますよ~♪

・自家製天然酵母ヨーグルト酵母液種(エキス)のつくり方はこちらです。
・自家製天然酵母いちご酵母液種(エキス)のつくり方はこちらです。


頁の上へ

HOMEブログパンのblogパン工房Top

◆美味しいパンを焼く準備とコツ


◆我が家のパン作りの基本とうんちく


◆自家製天然酵母液と中種の作り方


◆自家製天然酵母で作るパン


◆ホシノ天然酵母パンレシピ


◆パネトーネマザーパンレシピ


 
------【 MUHI HOUSEサイト内カテゴリー 】-------
MUHI HOUSE・ホーム | サイトについて | 管理人のブログ | ボウシインコ | ウロコインコ | ハネナガインコ | ブルーボタンインコ | ブルーベリー栽培記 | 足首骨折体験談 | 結膜リンパ腫闘病記 | 網膜裂孔とめまい治療記 | インプラント体験談 | ダイエット体験談 | 老化若返り対策 | リフォーム日曜大工の部屋 | 日本県別方言集 | 天然酵母パンレシピ | 白内障手術体験談 | 葉状腫瘍と乳がん体験談 | 花粉症と戦う部屋 | とんちぽこぽこゲーム | 飛んでリンク