◆いちご酵母液種(エキス)の作り方(酵母が笑う♪天然酵母とホームベーカリー(HB)で作る手作りパンたち♪)


-----------------------------------------

TOP 自家製天然酵母液種と中種(元種)の作り方◆いちご酵母液種(エキス)の作り方

いちごで作りましょう^^  自家製天然酵母いちご酵母液種(エキス)。簡単に 赤くてあま~くフルーティな酵母液が出来ますよ^^ 自家製天然酵母 いちご酵母液種(エキス)のレシピ

 自家製いちご酵母液種(エキス)」の作り方

114149.jpg 

真っ赤ないちご^^  いちごで作った天然酵母液でパンを作ると、粉を捏ねている時から いちごのフルーティであま~い香りが部屋中に・・^^ とても美味しいいちご酵母液です。発酵力も強く失敗した事がありません・・酵母を作っている間は し・あ・わ・せ・^^
いちごは 100円の小さな安い苺で十分。良く熟したイチゴと水と砂糖て゜ イチゴの自家製天然酵母液を作っています。 自家製天然酵母液の作り方はその方によって色々ですね。私はズボラなのでいつも適当に作っています(;^ω^A

★材 料:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・一度煮沸したお湯 30℃・・300g
 私はボルヴィックですが普通に水道水でも大丈夫。
・イチゴ 良く熟したもの・・150g
・砂糖・・30g  多いほうがパンが発酵しやすい。

☆酵母液があれば・・大1 早く発泡します。 

*・・どの酵母液も シュワシュワブクブク発酵するまで
*冷蔵庫保存で継ぎ足して何年も使えるらしいが私は使い切ります・・(;^ω^A

★作り方:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

*・・夏場常温に放置で数回振ってフタを開ければ2.3日で出来ます。超簡単~♪

*・・1日に数回良く混ぜ、フタを開けて空気を入れる (酸素を取り入れてカビを防ぐ為)

*・酵母の好きな温度は25℃~28℃らしいです。30℃では雑菌腐敗の危険あり^^

*・腐敗臭がしたら失敗~♪雑菌繁殖腐敗です。とっとと捨てましょう^^

*・そのまま飲んでも美味しいのです(* ^)3<ぷ~!

★初日:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

1141423.jpg

・材料を全て混ぜ、フタを軽く乗っけ暖かい所に放置。
・フタはアルミ箔かラップでフタをして爪楊枝で数個空気穴を開けても良い
 酸素を取り入れゴミが入るのを防ぐ為

★翌日20℃前後:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

114148.jpg

・お水が赤く変色。シュワシュワ~ぶくぷくと発砲し 二酸化炭素発生て゛順調

★30時間後 22℃前後:::::::::::::::::::::::::::::

114149.jpg

・フタの隙間から シュワーシュワー プチプチ と発酵する音か^^
・泡も盛んに出て 液もかなり濁ってきます。もうちょいです^^
・いちごのフルーティな香りが充満します♪

★1日半 20℃ 完成::::::::::::::::::::::::::::::::

114151.jpg

・アワアワブクブクパチパチでいちごの芳香な香りと酵母の独特な香りで完成~♪ 少しなめるとピリッと酵母の味がします。アルコール臭がする前に終了。 あまり放置すると腐敗します(;^ω^A

・しっかり絞っていちご液だけにして密閉して冷蔵庫で保存♪ 又は酵母を起こしたいちごと液をまるごと使用したストレート法でパンを焼きます^^ いちごのプチプチとほんのりスイートで風味豊かな絶品パンが作れます^^  まるごといちご酵母パンのレシピはこちら^^  激うま~♪ですよ。

★継ぎ足し:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

継ぎ足して冷蔵庫保存で数回(長期間)使えます。25℃~30℃で2日程度

継ぎ足ししない時でも 私は毎日一度かき混ぜています。一週間以上保存する時は小さじ1砂糖をあげています。元気回復酵母の食事です。

 ・完成日時・・夏場 30℃程度なら2日。冬なら 2日~約1週間程度

★温め方色々:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

夏は常温でよいですが 冬場は色々工夫して^^

11465.jpg k5.jpg
 ホームベーカリー(HB)で   ヨーグルトメーカーで

11484.jpg

 ペットヒーターにフタをして^^ パンケース パニエーレ フタをかぶせて^^

他 冷蔵庫の上とか、ストーブの前とか。30℃以上は殺菌繁殖に気をつけて下さい。

★ストレート法::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ストレート法ならこの液種をそのまま全ての水分として使用します。
その場合、一次発酵に時間がかかります。 夜練って、朝まで放置発酵が一番よいかな^^  

*・・ちょっとした工夫で実は・・ストレート法でもホームベーカリー(HB)の天然酵母コースでパンが作れるんですよ~♪

★中種法:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

①液種100ccに強力粉100gをかき混ぜ、ブクブクと発酵し2倍くらい迄発酵させる。

このままでも中種として天然酵母パン作りに使えまが、更にしっかり安定させる為に①同量の液種と強力粉を足して二倍に発酵。

・三回ほど同量足すとかなり発酵が安定します。 何回も作っているとだいたいの加減が分かるようになります。

*・中種(元種)の起こし方はこちらです

★このように同量足し続ければ永遠に中種として使えます^^  

もったりした中種を作れば(60g~80g さらっとした元種なら120g程度)ホームベーカリー(HB)の天然酵母コースで美味しいパンが作れますよ~♪


-----------------------------------------


ページの上へ

HOME ・ブログ天然酵母パンレシピ

◆美味しいパンを焼く準備とコツ


◆我が家のパン作りの基本とうんちく^^


◆自家製天然酵母液と中種の作り方


◆自家製天然酵母で作るパン


◆ホシノ天然酵母パンレシピ


◆パネトーネマザーパンレシピ


◆私のホームベーカリー紹介


スポンサードリンク