クグロフのレシピ(丹沢酵母)(酵母が笑う♪天然酵母とホームベーカリー(HB)で作る手作りパンたち♪)


-----------------------------------------

TOP 天然酵母パンのレシピクグロフのレシピ(丹沢酵母)

パネトーネマザー粉末を使って焼くシュトーレンとは少し生地を変えて エムケーMKHB-150 天然酵母スイートパンコースを使って、クグロフ(クグロフの生地パン)を焼きました。クグロフ形ではないけれどクグロフ生地のフルーツブレットです♪形はシュトーレンにちょっと近い♪
個人的にはバターとお砂糖の塊のケーキより、フルーツとナッツ一杯のふわふわしっとりパン菓子のほうが好きです。

11371.jpg 

★クグロフをホシノ天然酵母(丹沢酵母)で焼くレシピ
◆室温20℃ 捏ねあげ温度26℃ バッチリ♪
◆強力粉100% タンパク質12.2%
◆酵母・・ホシノ天然酵母(丹沢酵母)
◆MK(HB)HB-150 天然酵母スイートパンコース 一斤 焼きはうすめ
◆焼き上げ高さ・・11㎝ 重いパンなのに結構いけてます♪


11339.jpg 113313.jpg
こちらは高齢の母用。最初から具を投入し具材は粉砕~♪


さすが(エムケーHB)さん 上の焼き色が(;^ω^A
バターと粉糖でごまかしましょう

材料

・ホシノ天然酵母(丹沢酵母)・・生種・・25g
・強力粉・・250g
・卵・・100 約二個
・牛乳・・50g  卵と合わせて150g
・メープルシロップ・・30g  はちみつでもいいわよ^^
・砂糖・・10g
・バター・・50g
・塩・・3g
★ミっクスフルーツ・・100g
★ナッツ類・・約50g  普通は入れないですが私は必ず入れます。
 我が家はブランデー漬け
・シナモン・ナツメグ少々  お好みで、なくても

・・・・工程の時間と温度・・メーカーは企業秘密とか言って教えてくれないので自分で調べました^^
      けっち~♪

作り方と工程・液体+生種+砂糖 良く混ぜて粉類

捏ねはじめて3分後 塩+細かくしたバターを投入。
最初は緩い生地でも捏ねていると程よくなります。

寝かしがなが~いので^^ 具材がつぶれてもよければ投入。又はミックスコールで投入

2時間以上の予備発酵 26℃ 生地温度も26℃でゆっくり発酵。
 112331.jpg

二時間35分の長い予備発酵終了

1133.jpg

二度目の捏ね後 1時間35分の一次発酵開始
生地温度 30℃ 

11332.jpg

一次発酵 1時間35分 庫内温度32℃

二次発酵・・35分 33℃~34℃

★ガス抜きで羽を取る→プレゼントの為

クグロフ型に入れて焼く時は、ここで取り出し
・ベンチ30分
・成形、型に入れ、35℃で二倍まで発酵
・180℃で約30分焼成 となります。

成形発酵開始・・1時間15分  庫内温度35で

焼成開始~♪ なのですが、あまり発酵していない・
パンケース一杯に膨らんでもいないし・・
(;^_^A…大丈夫かしらん?
113311.jpg

で、焼成~♪焼き色うすめにしたので 焼き35分

しかし・・な~んと♪ぐんぐん膨らみ・・
さすがホシノ天然酵母(丹沢酵母) 見事にパカーンと(;^ω^A
そうそ、卵が2個入っているからね~♪

113312.jpg

 (エムケーHB)の焼きは上は薄いのですが、薄めはさらに薄い(;^ω^A

横はしっかり焼けていました^^
何度も写真を撮るためにフタを開けたので乾いたのかも(;^ω^A
霧を吹いたのですが・・

113313.jpg
高さ11㎝の堂々たる風格・・
上の焼き色の薄いのは バターと粉糖でごまかしましょう(* ^)3<ぷ~!

ふっかふっかのフルーティなクグロフ型ではないクグロフ生地です^^
え~♪どこの坊主頭だ!ってσ( ̄、 ̄=)

 <感想>

今回は薄力粉を加えず強力粉のみで焼きました。
ふっかふっかでフルーティ・・すごく良い香りのするクグロフです。

上品な甘さはメープルシロップにして大正解でした。


◆クリスマスの保存パン・フルーツブレットのウンチク^^クリスマスには世界中で保存のきく楽しいフルーツブレットを作っています。

◆クーゲルホッフ(クグロフ)・・オーストラリアやフランスではポピュラーなパン。
 その形は僧侶の帽子をイメージしたもので、クグロフ型と呼ばれる専用の型で焼きます。

◆パネトーネ・・イタリアのクリスマスにはかかせないフルーツブレット。
 生地にフルーツやドレンチェリーをたっぷり混ぜ込んで、円筒形の紙ケースに入れて焼きます。
  パネトーネマザー粉末(製パン用) は、このオーストラリアでパネトーネを焼く時に使われる酵母の一種です。

◆コロンバ・・鳩の形に焼いたユニークなフルーツブレット。ヨーロッパではクリスマスはもちろん、復活祭のパンとしても有名です。

◆シュトーレン・・キリストの寝床を形どったといわれる、ドイツのフルーツブレッドです。
 MK(HB)HB-150 ではシュトーレンコースがあるので良く焼いています。

*・・いずれもブリオッシュの生地に色々なフルーツを混ぜて焼きます。
   配合は様々で、バターが多かったり、卵が多かったり お好みで作って下さいな~♪

私は、栄養価の高い ナッツ(くるみ アーモンド ココナッツ)を必ず入れます^^

 え?母にプレゼントだったのですが、あまり美味しいので旦那と食べて、また焼きますわ~♪

パネトーネマザー粉末で焼いたシュトーレンとお味は似ていますが、あのシュトーレンはケーキ風、こちらの天然酵母クグロフの方はバターが少ないのにしっとり~上品な香りとお味、卵効果でふっわふっわ♪

やはり、ちょっとだけホシノ天然酵母(丹沢酵母)に軍配が・勝ち~♪

あら熱をとったら網の上にのせたまま、★パンナイフとパンケース★ パニエーレのケースを被せて数時間放置すると、しっとり~♪ふわふわになります。

113314.jpg


パニエーレがない場合は、ビニール袋で数時間放置して、しっとりしたら汗を取り、カットしてまたビニール袋で密封して冷やして頂いて下さいな♪

それからカットしましょう・・と言いたいのですが・・
待ちきれなくてお腹の中へ・・・・・


-----------------------------------------


ページの上へ

HOME ・ブログ天然酵母パンレシピ

◆美味しいパンを焼く準備とコツ


◆我が家のパン作りの基本とうんちく^^


◆自家製天然酵母液と中種の作り方


◆自家製天然酵母で作るパン


◆ホシノ天然酵母パンレシピ


◆パネトーネマザーパンレシピ


◆私のホームベーカリー紹介


スポンサードリンク