・生地づくりの注意点・捏上温度がポイント(酵母が笑う♪天然酵母とホームベーカリー(HB)で作る手作りパンたち♪)


-----------------------------------------

TOP 我が家のパン作りの基本とうんちく・生地づくりの注意点・捏上温度がポイント

美味しいふっくらパンを焼くパンを自分で焼く度に私が色々失敗を繰り返した結果・・ 自分でふっくら美味しいパンを作る上で 一般的なポイントとして

・ 捏ねあげた時のパン生地の内面温度 でイーストが喜ぶ適温 28℃前後に!
*・・ただし、天然酵母 自家製天然酵母の場合は25℃前後にしています。

特にホームベーカリー(HB)で捏ねあげ焼くときは、ねり後、そのまま一時発酵に入るので時間を調整する事が出来ない(;^ω^A

イースト菌がとっても喜ぶ生地の捏ねあげ温度は普通のパンで 約く28℃前後が一番かと思います。
注意・フランスパン等ハード系は25℃前後 作るパンによって違います。レシピを確認する事。

・・ポイント!

・(ねり)生地捏ねあげ温度を28℃前後にするためには室温と加える液体(水・牛乳等)の温度調節がポイント。
・冷蔵庫に保存の材料は室温に戻す。急ぐときは電子レンジで室温に・・

室温が15℃程度までなら 液体は28℃程度が宜しいかと・・・冬場は30分程度捏ねていてもそれほど生地温度はあがりません。

ホームベーカリー(HB)で焼く時はそのホームベーカリー(HB)の説明書きに従う事。
面倒だからと言ってそのままの水の温度で捏ねあげると、一時発酵で充分膨らまず゜最後の焼成にまで影響しのますよ。ふっくら美味しいパンはすねてしまい・・上手くいかないと思いますよ~♪

特にホームベーカリー(HB)の場合はご用心!捏ねあげた生地温度(表面温度ではなく生地の中の温度)を一時発酵で調整しようと思ってもうまくいかないものです~♪

ホームベーカリー(HB)使用の時の室温と水温

  室温    水温のめやす
10℃以下 約30℃
15℃前後 約25℃
20℃前後 約20℃
25℃前後 約10℃
28℃以上 約5℃


*・・夏場、室温が32℃以上になる時は、発酵が早く進まないため(過発酵)にホームベーカリー(HB)に早焼きコースがあれば早焼きコースを使った方が良いとの事です。

*・・冬場、室温が10℃以下になる時は、発酵が進まない等(発酵不足)でパンが大きくやけない時があり、なるべく暖かい場所にホームベーカリー(HB)を設置する。
   


-----------------------------------------


ページの上へ

HOME ・ブログ天然酵母パンレシピ

◆美味しいパンを焼く準備とコツ


◆我が家のパン作りの基本とうんちく^^


◆自家製天然酵母液と中種の作り方


◆自家製天然酵母で作るパン


◆ホシノ天然酵母パンレシピ


◆パネトーネマザーパンレシピ


◆私のホームベーカリー紹介


スポンサードリンク