酒粕で驚きの健康効果。酒粕コレステ減効果(アンチエイジング・メタボリックシンドローム・ロコモティブシンドローム対策の秘訣)


-----------------------------------------


TOP アンチエイジング・メタボリック症候群対策酒粕で驚きの健康効果。酒粕コレステ減効果

甘酒は昔から好きでしたが、酒粕には驚く健康効果がある事をテレビ番組で知りました。伝統の発酵食品「酒粕」

甘酒で悪玉(LDL)コレステロールを下げて 善玉(HDL)コレステロールを増やし、総コレステロールも下げる効果が期待でき、酒粕1でインスリンダイエット効果もあるというのですが・・・(;^_^A…知らんかった・・・

ついでに美肌効果でお肌もつるつるになるというのですが、ほんまかいな・(;^_^A…ついでにお通じもよくなりお腹もつるつるとの事・(;^_^A…

しかも、ビタミンB群アミノ酸など栄養やうまみの宝庫。単なる「カス」ではないようですぞ「酒カス」・(;^_^A…

で・・例によってインターネットで調べてみました・・以下のような記載記事があちらこちらで・・ひょえ~♪すごいね・・

◆酒粕で期待できる健康効果として・・

酒粕はもともと糖分、タンパク質、無機質、ビタミン、繊維質等、たくさんの人体に有用な成分が入っている栄養価の高い食品で、積極的に料理に取り入れたいものですが、栄養面だけではなく、様々な体にいい効果があることが最近の研究で明らかになっていまるとの事でした。

◆酒粕の驚くべき健康効果 酒粕は百薬の長

酒粕には悪玉(LDL)コレステロールをやっつけて、 善玉(HDL)コレステロールを増やし、総コレステロール値を下げるという願ってもない作用があります。血圧を下げる作用や血栓を溶かす作用もありますので、心筋梗塞、動脈硬化の予防に役立ちます。

また、糖尿病は、インスリンというホルモンが正常に働かなくなり、血糖値が増える病気ですが、日本酒や酒粕の中にはインスリンと同じ働きをする物質があり、体内のインスリン作用不足を補う事ができます。

この他にも、発ガン予防の効果があることや、骨粗鬆症の予防、ボケや老化の予防、免疫力を高めたり、肝硬変から肝臓を守る作用など、いろいろな健康効果があることが分かってきています。

◆パワーの秘密はレジスタントプロテイン

酒かすの健康パワーを支えていたのは原料となる米に含まれている「レジスタントプロテイン」。 日本語にすると、消化されにくいたんぱく質。広く言えば、食物繊維の仲間です。 その特長は「油をガッチリ捕まえること」。

酒かすを食べたとき体の中では…レジスタントプロテインは消化されにくいのでそのまま小腸へ。

そこで、コレステロールなど食品の脂質や食べた油を捕まえ消化吸収されることなく体の外まで運び出す。 そのため、LDLコレステロール値が低下。また、便に含まれる脂質が増えることで柔らかい、出やすい便となり、お通じが改善すると考えられる。

レジスタントプロテインは酒かすの原料となる米にも含まれている。じゃあ、なぜ、酒かすだけにこんな健康パワーがあるのか?

実は、レジスタントプロテインがその実力を発揮できたのは、酒かすになったから。米から日本酒を造るとき、活躍するのが麹(こうじ)と酵母。米に含まれるデンプンやたんぱく質を分解しアルコールや、うまみ成分のアミノ酸を作り出す。

一方、レジスタントプロテインはというと…まわりを取り囲んでいた他の成分が次々と分解されていく中、消化されにくい特性を生かして酒かすの中に残る。つまり、レジスタントプロテインをむき出しにして油とくっつきやすくし、かつ凝縮したものが酒かす!

酒かすには酵母もたっぷり含まれるのでビタミンB2は米の26倍、B6は47倍。アミノ酸は583倍にも激増!

これからは酒かすなんて呼べなくなるかも!?とは「ためしてガッテン」さん調査です。

*・・「・・ガッテン」の検証結果では・・3週間 毎日50グラムの酒粕の入った甘酒を飲んだ結果、平均悪玉(LDL)コレステロール8%減少したとの事。凄いね・・

◆酒粕にあるダイエット効果

お餅を食べると太るという話を聞いた事がないでしょうか?お餅の主な成分であるでんぷんは消化されてブドウ糖に分解されます。実はそのときの分解されるスピードが早ければ早くなるほど太りやすくなるという仕組みになっているのです。お餅やお団子はすでに粉状になっていますから、ご飯と比べると分解されるスピードが早く、それで太ってしまうのです。ということは、分解速度が遅ければ太りにくいということになります。

酒粕の中にはでんぷんの分解を妨げる物質がありますので食事のときに酒粕を使った料理を食べれば、でんぷんはゆっくり分解されて太りにくくなります。

◆酒粕のびっくり美容効果

日本酒に含まれているアミノ酸や有機酸など100種類もの栄養成分には、肌の美白効果をはじめ、さまざまな美容効果があります。酒粕をお湯でよく溶いたものをパックがわりに使うと、シミ、ソバカスの改善や美白に役立ちます。実際にシミが薄くなったという話もあります。

また、保湿、保温効果もあり、血行もよくなりますから、しっとりすべすべ、肌のくすみも消えてしまいます。手あれやかかとのざらざらも同様に柔らかめに練り溶かした酒粕を塗ってしばらくおき、洗い流します。何日か繰り返していると効果があるばかりか、かえってつるつるになります。

◆酒粕の民間療法

・風邪などに・・卵酒。昔からおなじみです。お酒ではなくて酒粕でも同じ効果です。甘酒を造る要領で酒粕をお湯に溶かし、卵を割り入れて溶き、砂糖を加えればOKです。これならお酒が苦手という方や子供にも安心して飲んでもらえます。

・ヤケドなどにも・・患部を水で冷やした後、表面を軽く火であぶって殺菌した板粕をよくさまして傷口の表面に貼る。熱が早くとれ、治りも早いとの事。

・捻挫等に・・板粕をガーゼに包み患部に貼っておくと腫れがひき、傷みも消えるという話もあり。腰痛などにもきくそうです。ほんとでしょうか(^'^)

◆酒粕の種類について

酒粕には大きく分けて、板粕踏み込み粕の2種類があります。日本酒には簡単にいうと、米と麹(こうじ)、酵母、水をまぜ醗酵させて醪(もろみ)を造ります。醪には固形物が入っていますから、これを搾って清酒にします。残ったものが酒粕です。12月から3月にかけて販売され、新粕ともいいます。甘酒、粕汁、粕煮、粕和えなどお料理に使われます。

板粕をタンクに踏み込み、空気を抜いて4ヶ月ほどおくと麹の糖化作用により柔らかくなって味が濃くなってきます。これを踏み込み粕といい、漬物用に最適です。夏から秋に販売されます。

1012141.jpg

◆酒粕簡単レシピ

やはり甘酒でしょ~♪

材料・・3~4杯分

・板酒粕150グラム  ・おろししょうが適量 甘味料(砂糖・ダイエットシュガー等)

つくり方・・酒粕とお水(600~800cc)をじっくりコトコトさせ、おろし生姜・甘味料を混ぜて頂きます・(;^_^A…

注・・あまり沸騰させたりかき混ぜたりしない方が美味しいようです。

私は、薄めでおろし生姜をたっぷりのっけ、ダイエットシュガー★液体パルスイート★ あつあつを頂きます♪

塩少々をひとふりで美味しさ倍増ですわ♪

-----------------------------------------

ページの上へ

ウェブ全体検索 by Google

HOME ・ブログ老化・加齢対策TOP

アンチエイジング・メタボリック症候群対策


老け顔・ブルドック顔・顔のたるみ改善方


ロコモティブ・ロコモ症候群対策


いきつけのお店

楽天市場で探す
楽天カードで2000ptゲット


スポンサードリンク

 
--------------------【 MUHI HOUSEサイト内カテゴリー 】--------------------
MUHI HOUSE・ホーム | サイトについて | 管理人のブログ | ボウシインコ | ウロコインコ | ハネナガインコ | ブルーボタンインコ | ブルーベリー栽培記 | 足首骨折体験談 | 結膜リンパ腫闘病記 | 網膜裂孔とめまい治療記 | インプラント体験談 | ダイエット体験談 | 老化若返り対策 | リフォーム日曜大工の部屋 | 日本県別方言集 | 天然酵母パンレシピ