8.検査結果・全身に腫瘍(がん)は?(結膜悪性リンパ腫(血液のがん)眼瞼内マルトリンパ腫の症状と放射線治療闘病記)



-----------------------------------------
TOP 結膜悪性リンパ腫放射線治療闘病記8.検査結果・全身に腫瘍(がん)は?

2005.3.3・午前9時。血液内科の教授先生による核医学検査の結果発表の日。

例によって げーは君は万障繰り合わせて休みをとった。
本当の目的は検査前の御茶ノ水でのモーニングなのだ。あほんだらぁ~!わたすの分まで大食いしている げーはを残してスタコラと病院へ(^凹^)・・・大慌てで 追っかけて来た♪

血液内科はあの事件以来始めてです。教授先生も始めて・・

少し緊張して受付に行ったところ、あの時お詫びをして下さった優しい看護師様が私達を待っていたようですぐに駆け寄ってきた。そして更に深深と頭を下げて
「この度は本当に申し訳ありませんでした。今後このようなことのないように医局全員に徹底させました。もちろん本人にも話しました。凄く粗雑な性格でしたが、改善がみられています。ご主人様にもご心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした」げーはにも深深と頭を下げた。

恐縮しながら、げーはを見ると・・ぬぁ~んと、こやつ涙ぐんでいるではないか・・ひぇ~やだもぉ~。男が泣くときは、母親とわたすが死んだ時くらいにしてよね。

で、珍しく待たされることもなく診察室へ入った瞬間、おじいちゃん教授先生は立ち上がり、これまた深深と頭を下げられたのだった。
「診察の前に、まずこの度のお詫びをさせていただきます。・・・・云々・・・」更にさらに~恐縮のいたみでした。

で、検査結果は「どこにも腫瘍はみられませんでしたよ」でした。 腫瘍の一個や二個は覚悟していたので、これは嬉しかったです。

先生に質問した・・「この結膜の腫瘍は経過観察で放置してはいけないか」
先生・・「悪性リンパ腫なので、のんびりとはいえ放置すると転移する、放射線で完全にとったほうがいい」

私(心の声)→血液内科の権威の教授先生でも、眼に出来る節外リンパ腫は殆んど転移しないって事知らないのかな?

私・・「これは転移しにくいですよね。命には及ぶことがないので経過観察する医師もいるとか・・」しつこく質問してみた。

先生・・「いやいや、転移します。悪性リンパ腫ですから取らないといけません、ただ抗がん剤は効かないのであんな苦しいものは使用しないほうがいいです」

私・・「長くて10年ですよね」

先生・・「よく勉強していますね」

私・・「はい、ガンセンターのHPでしっかり。」

先生・・「そうですか、そこまで書いてありますか。10年後には良い治療薬が出来ている可能性もあります」

ここでげーは・・「マルトリンパ腫はまだ5年くらいですよね・・」

先生・・「そうそう・・・」

私(心の声)→あかん教授先生は「リンパ腫」の権威だけど、新しいタイプの事はご存知ないんだわ、これ以上は無理だわ。わたくしの方が良く知っているし・・。

私・・「放射線は副作用がありますよね」

先生・・「そうそ、放射線性白内障になります、これが問題です。角膜に当たらないようにうまく放射出来ればよいんだが、放射線科の先生と良く相談して決めて下さいね」

私・・「これから放射線科に回されるのなら、母がガンセンターの放射線科に転院したらどうかというのですが・・」思い切って聞いてみた。

先性・・慌てふためいた「いやいやいや、うちの放射線科には若くて経験豊かな教授がいるから、今後、放射線科に移るが、紹介状を書くから大丈夫です・何か心配事があれば、眼科の教授や私のところにいつでも相談にいらっしゃい」

本当に優しくおっしやっていただき、私達は丁寧にお礼を言い放射線科に移動する為血液内科とおさらばした。 事件があった割りには、ここの血液内科とのお付き合いはわずか二回でした。

用意された沢山のデータを抱えて放射線科に移動中、私はやはり節外リンパ腫の正しい診断を出来る医師を探していた。 ただ、納得したかっただけなのだ。

治療方法は自分で選択する、患者も利口にならなくてはいけない←持論である・・いやいや単なる理屈っぽいだけなのかも知れないがねぇ~♪ 医師にとって、私のような患者は最も扱いにくいのかもしれへんね~。

放射線科でガンセンターに転院したい旨を話し、紹介状を書いていただきたいと訴える決意をしていた。放射線科の受付で教授先生の診察を待つ間に看護師さんにその旨を話した。

看護師さんは優しく聞いて下さり「診察の時に先生に相談して下さいね」と言った。 なんたってガンセンターは捨てがたい・・ だって病院のまん前に、築地市場があるもんね~♪これじゃげーは君とかわらんがね・・がはは~♪

そして・・・転院を申し出る固い決意のまま、げーはと私は血液内科の教授がその腕前を絶賛した、放射線科の教授先生の診察を待ったのであった・・つづく

-----------------------------------------


ページの上へ

HOME ・ブログ結膜リンパ腫体験談TOP

結膜悪性リンパ腫放射線治療体験談


いきつけのお店

楽天市場

スポンサードリンク

 
--------------------【 MUHI HOUSEサイト内カテゴリー 】--------------------
MUHI HOUSE・ホーム | サイトについて | 管理人のブログ | ボウシインコ | ウロコインコ | ハネナガインコ | ブルーボタンインコ | ブルーベリー栽培記 | 足首骨折体験談 | 結膜リンパ腫闘病記 | 網膜裂孔とめまい治療記 | インプラント体験談 | ダイエット体験談 | 老化若返り対策 | リフォーム日曜大工の部屋 | 日本県別方言集 | 天然酵母パンレシピ