6.全身の検査・核医学検査CT・MRI・Ca(結膜悪性リンパ腫(血液のがん)眼瞼内マルトリンパ腫の症状と放射線治療闘病記)



-----------------------------------------
TOP 結膜悪性リンパ腫放射線治療闘病記6.全身の検査・核医学検査CT・MRI・Ca

2005.2.23・・悪性リンパ腫による全身画像検査の始まり

1.アイソトープ検査(核医学検査)全身のガリウムシンチグラフィ
検査内容・・ 少量の放射性薬剤を注入し、二日後に全身の画像写真を撮るという検査。

腫瘍や炎症があればそこの部位に注入した薬が集まり写真に写るという。この注射による放射線被爆はX線写真と同じくらいと聞かされた。

9時にアイソトープ室で放射性薬剤を注射してもらう。二日後に写真をとる為の準備のみの為、所用時間10分で終了。移動して10時にCT室へ。

2.胸のCT検査・・胸の輪切り画像。
より鮮明に撮る為に撮影中にヨード造影剤を血管から注入する。まれにアレルギー反応を起こす人がいるという。ヨード剤を注入する為に朝飯抜き。腹減ったぁ~

この病院は最新式のCTを導入していて、撮影の時間は限りなく短縮されているとの事。ヨード剤を注入すると身体全体が一瞬熱くなる。待ち時間は1時間ほどであったが、撮影時間はほんの5分くらいで本日の検査は終了♪

本日 3割負担 11.000円支払い

★・・翌2.24日・・頭部MRI・・磁場を利用して脳みその輪切り画像。
朝7.40分にMRI室へ。途中造影剤を注入して撮影。工事現場のようなトンチンカンキーンと音が鳴りつづける約30分で終了。
この日は げーは君もついて来た。8時30分には終了し、御茶ノ水デート♪

3割負担 7000円支払い

★・・翌2.25.日・・全身ガリウムシンチグラフィの撮影と腹のCT検査
8.20分 血液内科で浣腸をしてもらう。二日前に注入した放射性薬剤を身体の外に排出するというものらしい。しかし・・この後の腹のCT検査の為に、おしっこは出さないように・・便だけ出してね と言われていた。

で、優しい看護師様による浣腸。「ちゃんと出たか確認しますから、出たら流さずに呼んでくださいね~」と言われる。
えええええぇぇぇぇ。。。。。。と絶叫したら、看護師様 笑いながら「嫌ですよね~はいっ自分でちやんと確認してくださいね」と無罪方面。看護師様の大変なお仕事に最敬礼。

すぐに ぴーひゃらら~♪ 見事におしっこも出てしまった^^;
看護師様に「おしっこも出た~」と言ったら、優しい看護師様「便と尿が一緒に出るのは当たり前ですよ~CT検査までにはまだ時間があるから大丈夫ですよ~」 ほーーーーひと安心。この優しい看護師様 大好きだなぁ・・やたら感激する。

そして、Ca全身撮影・・所用時間約20分 無事終了。

最後の検査 腹のCTを撮る為 CT室へ。二度目とあって慣れたものですわ。しかし・・今日も朝飯ぬきで 腹へったぁ~で、ポカリスエットを盗み飲みして無事終了。

会計 3割負担で 22.500円支払い。高い~!もう財布カラッポ。
結局全部の検査で60.000円くらい支払ったのだ。カラカラカラカラ~♪今月のバイト料は検査で消えました。

さてさて・・・すべての検査を終了し帰る段になって、ハタと思い出した。この検査の結果を聞きに3月9日にセクハラ医師の所に来なくてはいけないんだ・・・ぞぉ~~~

どーしたもんか・・担当医師を変えて貰うなら今日が最後チャンスだぞと心の声がささやく。ふと、玄関入り口の相談カウンターに眼をやると、なんとも優しそうなかなりご年配の相談員様が目にとまった。

つい・・ヨタヨタ~と吸いつけられるようにカウンターの椅子に座ってしまった。 そして一気に訴えた・・・・・つづく。

-----------------------------------------


ページの上へ

HOME ・ブログ結膜リンパ腫体験談TOP

結膜悪性リンパ腫放射線治療体験談


いきつけのお店

楽天市場

スポンサードリンク

 
--------------------【 MUHI HOUSEサイト内カテゴリー 】--------------------
MUHI HOUSE・ホーム | サイトについて | 管理人のブログ | ボウシインコ | ウロコインコ | ハネナガインコ | ブルーボタンインコ | ブルーベリー栽培記 | 足首骨折体験談 | 結膜リンパ腫闘病記 | 網膜裂孔とめまい治療記 | インプラント体験談 | ダイエット体験談 | 老化若返り対策 | リフォーム日曜大工の部屋 | 日本県別方言集 | 天然酵母パンレシピ