5.最終結果発表・・MALT型リンパ腫(結膜悪性リンパ腫(血液のがん)眼瞼内マルトリンパ腫の症状と放射線治療闘病記)



-----------------------------------------
TOP 結膜悪性リンパ腫放射線治療闘病記5.最終結果発表・・MALT型リンパ腫

血液内科のセクハラ医師事件以来、私はガンセンターに転院しようと考えていた。

明日からの全身の諸々の検査はもちろんキャンセルするつもりだった。

リンパ腫の病理検査は複雑で、検査はしても診断出来る医師は全国でも10人くらいしかいない・・とかネットに載っていた。
現に病理検査から半年後に判明する事もあるらしい。
私の場合も最初は2週間と聞かされていたが、結局1ヶ月かかったではないか。

大学病院に転院を申し入れても症例の少ない病気の患者を離したがらないとも書いてあった。

大学病院は、1に研究、2に研修生の教育、そして3に治療・・云々と。

もちろん病院によって違いはあるだろうが、すっかりネット洗脳されている私は「どうせ転院を申し出ても病理標本」などは貸し出ししてくれないだろうから、転院した病院でもう一度、結膜ちょん切り病理検査をして貰おう・・とも考えていた。

全身の検査でリンパ腫が見つかれば、抗がん剤治療と放射線治療になる。
ネットで勉強した限りでは、このタイプのリンパ腫は「のんびり」なだけに抗がん剤は殆んど効果がなく、現段階では治療方法は無しと言うことが立証されている。

現実に、宣告されても何も治療しないまま何年も経過観察のまま放置されている患者さんが大勢いるらしい。
生存率は5 年長くても10年といわれているらしい。

私としても、もし全身の検査をした結果、リンパ腫が発見された場合、抗がん剤を勧められるであろうが、効果のない治療を選択するつもりは全くない。
がんと共存し、残された人生を有意義(ここまで生き延びてこれた事に感謝し、少しくらいは、世の為人の為・社会に恩返しなぞし(^凹^))に過ごす事に頭をひねりたいと思う。

それなら、放射線被爆のリスクを少なからず背負った大変な検査を受けて、わざわざリンパ腫を発見する必要があるのだろうか・・

げーはに「検査受けるのやめた!セクハラ病院もやめる もうどこの病院にもいかね~!」とタダを捏ねてみた。

げーはは、全部理解していたようだ。

まんざら馬鹿ではなかったか~っかかか♪で、言った
「全身の検査を受けれるようなチャンスはめったにない、どうせあと、何十年もすれば一度は死ぬんだから、一度くらい自分の身体の中身がどのようになっているのか知っておくのも悪くない。
変わりに俺が脳みその輪切り写真を撮りたいくらいだわ♪俺の場合、1ヶや2ヶはしこりが出でくるぞぉ~♪放射線被爆の危険といっても、宝くじに当たるよりも薄い確立だし、発ガンは10年~20 年くらい先だし・・その頃はもういい年だから、簡単にガンは成長しないと思うよ。
今の病院はCTも最新式の機械が導入されているし、検査自体はどこで受けても同じだと思う。
セクハラ医師に検査結果を聞きに行くのが嫌だと思うから、結果を聞きに行くときは俺が診察室の中迄入って一緒に聞いてやる、もしくは先生を変えるように訴えてやる。
その結果リンパ腫が発見されたときは、ガンセンターへ転院したらいいと思うがどうだ・・ふふふんっ・」

(-_-)ウームぅ・・それもそうだなぁ・・うん・・そうすっか・・あららら・・あれほど悩んだのに簡単に決まってしまった。はははは~わたくしもとても単純。

そして2005.2.22・・眼科教授先生に結果を聞きに行く。

いつもは待合室で鼻ちょうちんのげーは君も今回は結果を聞くのだと、一緒に診察室に入った。

結果はやはり、「MALタイプのリンパ腫」であった。もう解ってはいたが、きちっと結果として聞き、すっきりして明日からの検査に臨みたかっただけなのだ。
それに検査をした以上結果を聞くのは、当然の権利である。

私は、眼科の教授先生に「このまま経過観察ではいけないか?放置した場合どんな結果が待っているのか?腫瘍だけ切り取る事はできないのか?」(出来るだけ放射線治療はさけたかった)最後の質問をした。

先生の返答はいつもと同じものだった。「少数の先生は、何もしないで経過観察派であるが、経過観察中に悪性タイプに変化しないとも限らない。切り取ると言ってもあなたのは広範囲すぎて取りきれない。私は放射線治療を絶対進めるよ」。

げーは君が質問した「この病院では、この病気の症例はありますか?このマルト型は新しいタイプでまだ研究途上なのでしょうか?」

先生は答えた「症例がないというよりも、新しいタイプなのでまだ5年くらいです」と、ごまかした。

げーはと私は 教授先生に丁寧にお礼を言い診察室を後にした。

この大学病院では、私の病気の症例はまだ1例もないと悟った。

これですっきりして明日からの全身の検査を受けられる。久しぶりに晴れ晴れとした気分でお茶の水デートをして帰宅した。

あーーーいやいやいやっ・・セクハラ医師の診察が・・3/9日に・・いやいやいや・・今は三日間の検査に集中しよう・・その後で考えようではないか・・・

-----------------------------------------


ページの上へ

HOME ・ブログ結膜リンパ腫体験談TOP

結膜悪性リンパ腫放射線治療体験談


いきつけのお店

楽天市場

スポンサードリンク

 
--------------------【 MUHI HOUSEサイト内カテゴリー 】--------------------
MUHI HOUSE・ホーム | サイトについて | 管理人のブログ | ボウシインコ | ウロコインコ | ハネナガインコ | ブルーボタンインコ | ブルーベリー栽培記 | 足首骨折体験談 | 結膜リンパ腫闘病記 | 網膜裂孔とめまい治療記 | インプラント体験談 | ダイエット体験談 | 老化若返り対策 | リフォーム日曜大工の部屋 | 日本県別方言集 | 天然酵母パンレシピ