14.腫瘍は残り、主治医が消えた!(結膜悪性リンパ腫(血液のがん)眼瞼内マルトリンパ腫の症状と放射線治療闘病記)



-----------------------------------------
TOP 結膜悪性リンパ腫放射線治療闘病記14.腫瘍は残り、主治医が消えた!

2005.9.15・・結膜悪性リンパ腫の放射線治療から五ヶ月後。

そんなこんなで、二ヶ月はあっというまに経過し・・・・7月の診察予約をすっぽかし・・9月になってしまった・・・・。
この頃には、すっかり抜けていたまつげとまゆげも新しいお毛ヶがぼちぼち生えてきました。

お目々の方はといいますと、放射線治療の副作用でまぶたが腫れたままリンパ浮腫。
いつも目がごろごろとした感じで、今一すっきりとはいきません。

腫瘍は相変わらず、少しばかりいらっしゃいます。

でもこの瞼の浮腫も、残った腫瘍もそのうちすっかり消滅するでしょ・・と楽天的に考えるようにしました。
無理矢理前向きなわたくし。

そして、いつまでたっても 放射線科を受診しないワタス・・・・。
げーはが「駄目だよ!ちゃんと行かなくては・・・・・・俺がついて行くから」
・・・モーニングが目当てでしょ^^

しかし・・・このまま診察放棄しては、益々受診しにくくなるばかりだしねぇ・・
で予約の電話を入れました。

「●○主治医様の予約を・・・・入れたいのですが・・」
そしたら、ぬぁ~んととととと!受付の方が

「●○主治医様は7月に退職されました。」と・・・・ぬかすではないですかぁ~!

7月はたしか前回すっぽかした予約の月ではないですか・・・。
先生ったらあの時、この次は最後の診察たとわかっていたのですね・・・・ショック!

そんな事なら、万障繰り合わせて診察して頂くのだったわ・・・。
きちっと、今までのお礼も言いたかったのに・・・・。

先生の「お任せ下さい~!」のあの温かくも力強い言葉が頭の中を巡り・・・・予約も入れずに電話を切ってしまった。

そしてネットで検索・・・・。
先生は放射線専門医としては有名な方なのですもの・・きっと何かわかるはず・・・。

あったぁ~!あったぁ~!主治医さまの現在の状況が・・・
出身地域に戻り「癌に関する NPO」なるものを立ち上げて理事長様をおやりになっていました。
HPも立ち上げていらっしゃいました。懐かしい先生のお写真も現在の活躍も拝見する事が出来ました。

癌患者さんの為に活躍していらっしゃいました。

たった4ヶ月しか経過していないのに・・懐かしくて・・・うわぁ~ん♪
本当に素晴らしい先生に、しょうもないワタスは、治療していただいていたのですね・・・
先生・・・・きちっとお礼も言えずにごめんなさい・・

これからも、悩める癌患者さんの為に、希望を与えて下さるのですね・・・
どうぞ、お元気で・・ご活躍をこっそりお祈りしています。

先生・・本当にありがとうございました。


と・・・冷静になって考えて見たら・・・わたしゃあこれから誰に診てもらったらいいのさぁ・・
主治医様が消えたぁ・・・・わーーーーーん!(хх,)

いや、待てよ。そういえば、もうお一人、あの病院には有名な「放射線専門医様」がいるではないか・・
以前、放射線治療で赤むくれた私のまぶたにお薬を処方して下さった、優しい女医様がぁ・・♪

そうだ、あの先生まで、消えてしまう前に診察に行かなくては・・・。
で、さっそく女医様に予約を入れ診て頂きました。

女医様「あら♪覚えていますよ。ど~ですか?その後」と美しくて優しい女医様。

ワタス「先生・・・まだ少し腫瘍が残っているのですが・・・・」とおそるおそる・・。

女医様「あら・・・あれだけ放射線をあてたのですから、大丈夫よ!これは単なるお肉だと思いましょう・・人それそれれ結膜の形は違いますからね。
経過観察して、何年かしてまた大きくなってくるようならその時また考えましょう。取りあえず、治ったと思いましょうね!♪」と。

そっか・・・そ~なんだ!そういう考え方もあるのですね。
前の主治医先生の「まれにしつこいタイプがあり腫瘍が少し残る事があるが、その時はまた治療方法がある・・・」云々のお話が頭から離れなかったので、まさに頭?からウロコでした・・^_^;

ワタス「はーい!そう思う事にします♪治ったと思いまーす♪」と元気に。
すると女医様は
「で、血液内科は受診していますか?」

えええええ・・・え~!また、その話(O.O;) でも、もうあの話は誰にもするもんか・・・これ以上、この先生とも気まずくなったらあきませんもの。

ワタス「血液内科の教授先生は「何か困ったことがあったら、いつでもいらっしゃい」とおっしゃっただけですので、特に診察の予約は入れていませんが・・・」と。女医様の言葉を待ちました。

女医様「あらぁ・・もう治ったので、こなくても良いって事ですね♪」と♪
なんと、根アカで前向きな考えの女医様。大好きぃ~!

女医様にとっては、わたしのこの腫瘍は「癌」のうちにはいらないのだわ♪

結膜リンパ腫の治療方法、考え方は医師によってかなり見解の相違がある・・と言うお話を思い出させてくれました。

放射線治療した右目の涙が出にくくなり、ドライアイっぽい事を訴えて、目薬をどっちゃり頂いて4ヶ月後に予約を入れ・・・病院内のスタバでコーヒーをすすり
げーはと共に、ナイスなホテル・・・あわわわっ・・病院を後にしたのでした。

-----------------------------------------


ページの上へ

HOME ・ブログ結膜リンパ腫体験談TOP

結膜悪性リンパ腫放射線治療体験談


いきつけのお店

楽天市場

スポンサードリンク

 
--------------------【 MUHI HOUSEサイト内カテゴリー 】--------------------
MUHI HOUSE・ホーム | サイトについて | 管理人のブログ | ボウシインコ | ウロコインコ | ハネナガインコ | ブルーボタンインコ | ブルーベリー栽培記 | 足首骨折体験談 | 結膜リンパ腫闘病記 | 網膜裂孔とめまい治療記 | インプラント体験談 | ダイエット体験談 | 老化若返り対策 | リフォーム日曜大工の部屋 | 日本県別方言集 | 天然酵母パンレシピ