PC切替はブラウザでね♪
HOME ブログ白内障top
3.白内障手術の予約をした
しばらくはあの激高おじいちゃん眼科先生のお言葉に頭がクラクラしていたのですが

気を取り直して自転車で通える範囲で腕の確かで優しい(ここがミソよ)白内障の手術をしてくださる眼科をネットで探しました。

口コミも参考にして見つけましたよ^^

自転車で15分程度、若い先生だけれど白内障の手術実績は3000件程度との事。まだ45歳、眼科開業して8年の事クリニックです。

一瞬「こんなに若くて大丈夫か?3000件だし・・」と思ったのですが、ネットで研究して見るとこんな名言が

名医とは・・・「単に手術回数が多ければいいと言うものではない、白内障の手術はとても繊細な技術がいる、自分は手術時間が早いと自慢する医師もいるが、早ければ良いというものでもない、繊細な手術なだけにより丁寧な医師がもっとも素晴らしい」とね。

なーーーーーるほろ~♪そうよね~♪そうだわ~♪

って感じで口コミも「とにかく優しい~♪丁寧~♪雰囲気もいい~♪」っ眼科を見つけました。

とにかく白内障の手術は術後かなり通わなければいけません、自転車で20分以内が第一条件、第二条件は丁寧で優しくて2000件以上の手術実績のある医師~♪第三条件は「帰りに買い物が出来て楽しい道中」でした。欲張り(;^ω^A

で、みつけた眼科クリニックへ検査予約を入れ行ったてみました。

色々な検査をしていざ優しいと口コミの眼科先生の診察です。

先生は本当に優しい物腰の若い男性医師でした。

先生の診断は検査の結果「これぐらいの初期白内障なら手術する人としない人がいます」

そうよね~♪知っているわ~♪お勉強したものね~♪

※白内障の手術は本人が不自由を感じ、手術したい意思がある時が手術時なのです。特にど近眼の人は視力矯正効果もあるので早いうちがお勧めなのです。しかも白内障は良くなる事はなく、今の医療では手術以外に視力回復の方法もなく、白内障が進行していく事は間違いないのです。

私はなんたって子供の頃からの0.05のど近眼です。 結膜のリンパ腫が発覚するまではコンタクト使用。 コンタクト使用が結膜に刺激してリンパ腫ができたと聞き、それ以降はメガネ生活。


このメガネ生活にも疲れ果て・・矯正してもなんだかボケボケ。若い頃は本気でレーシック手術を考えた程でした。とにかくもうこの面倒くささから開放されたい~♪

てなわけで「先生手術希望ですぅ・・して~♪」とお願いしました。

先生は笑いながら白内障の説明をして下さり、眼内人工レンズの焦点距離を「現在近眼なので70センチ程度に距離をあわせましょう、家庭の中に居る事が多い人は遠方距離より近距離の方がいいですよ。これならスマホもパソコンも家の中ならメガネ無しでいけるでしょう・・テレビの細かい文字とか遠い所をはっきりる為に軽い近視のメガネを一本作っておけば何かと便利ですよ。今度はレンズの薄いメガネになりますからね~♪」

なんと優しい~♪

本当は小さい頃からの「ど近眼」なので裸眼1.0とかに憧れますが、まずは先生のご指示通りにお願いし、来年の5月13日と20日両眼白内障の単焦点眼内レンズ挿入術の予約を入れて帰宅しました。

よかった叱られなくてルンルン・・。

HOME ブログ白内障top

- CafeLog -