PC切替はブラウザでね♪
HOME ブログ白内障top
5.焦点距離を決めよう
白内障眼内レンズのピント合わせ焦点距離の重要性ですが

眼内レンズの度数決めともいいます。

これはかなり重要です。今は眼内レンズの寿命は100年と言われています。日進月歩~♪

一度挿入したら取り替えるのはかなりリスクを伴うようです。

私の友達は医師から何も説明を受ける事なく遠距離1.2に合わせて挿入したとの事です。

狙いどおり両眼1.2、遠くは見える~♪ですが、主婦の彼女は近距離が老眼状態なのでメガネが必須となってしまったようです。

これがまた不便との事です。料理をするにみ細かいお家の中の作業をする時も、なんだかスッキリしない、近距離にすればよかったというのです。

仕事でバソコン作業の多い人とか、主婦のように家庭の中が主体でゴソゴソしている人は近距離~中間距離がいいようですよ。


医師の中には、私の友達の医師のようになんの説明もなく遠距離に焦点をあわせて手術してしまう事が多いようですが・・(T_T)

これは昔は遠距離に合わせる事が一般だった事が要因のようですね。

最近はど近眼で日頃メガネになれている人は近距離から中間距離、もともと正視遠視の人は遠距離に合わせる(今までの生活に合わせる)事が主流になりつつあるようです。

特に老人になればなる程家庭の中の生活が主体、近距離から中間距離に合わせた方が便利なのでは?メガネが殆ど必要ないしね・・・。

ど素人を馬鹿にしてはいけん!誰だって納得して眼内レンズを入れたいのだ!

いずれにしても説明もなく勝手に焦点距離を決めて手術してしまうような医師はわたしはごめんです^^

※医師の勝手させてはいけません。ご自分の事なのでしっかり相談して決めたいですね。

HOME ブログ白内障top

- CafeLog -