温水便座を自分で交換(取付)ましょ(アイデアと工夫でお楽しみマイリフォーム生活。アイデア便利商品でエンジョイ快適生活!)


-----------------------------------------

TOP 自分で出来る住まいのリフォーム温水便座を自分で交換(取付)ましょ

温水便座の交換・シャワートイレの交換・ウオッシュレットの交換方法・・自分でやれば格安でしょ・・(*^_^*)

トイレのウオッシュレット(温水便座・シャワートイレ)を自分で交換・取付ましょう・・簡単ですよん(*^_^*)

 

↓T0T0のウォッシュレット・・17年前の製品ですが、当時はかなり高価な代物でしだが・・使いに使い・お尻を洗い・壊れました(*´ο`*)=3 はふぅん

o1.jpg

17年も良くもちましたねぇ・・・お疲れ様♪貴方のおかげで、旦那の痔も治りいつも快適なおしりでした。

ウオッシュレットって・・使い出したらおけつが快適過ぎて無くてはならない代物になりますよね~♪

最近の温水便座は安価で高性能なのね・・・・。でも交換取付工事の標準額は約1万円。

水道のパッキン交換はおてものもだし・・いっちょ・・自分でやるか!

てなわけで、製品を吟味し旦那に仕事の休憩時間に激安店で購入してもらい持ち帰ってもらいました。

o2.jpg

今度のはナショナル製品。安価だけれど、人体感知センサーが付いていて使用する時のみ便座が温かくなるっちゅうの♪省エネ・・

お店の店員様が・・「え~!自分で取付るんですかぁ~?」

旦那はん・・「いえ、かぁちゃんが取り替えます!」

お店の店員様・・「え~!え~!」と、申したそうです。簡単じゃんか!( ̄ε=‥=з ̄) フンガー

水道のパッキン交換出来る人は簡単に出来ます。現在温水便座がついている場合は更に簡単です。

止水栓を止めれば何も怖くありません・・だって水か止まるのですからねぃ・・(*^_^*)

・まず、トイレの止水栓をしっかり締め水を止めます。

・現在取り付けてある分岐水栓を取り外し、吸水管・いかれた温水便座を全て取り外します。残っている水が少々垂れるので受けを下に置くと良いでしょう。

o4.jpg

・新しいウオッシュレットを説明書通りに取付け。

o7.jpg

・人体感知センサーとリモコンを取付け、アースを取付け・・

o5.jpg

完成~♪パチパチパチ・・・・。

おしっこをしている時は鏡とにらめっこ(* ^)3<ぷ~!

1012212.jpg

こんな可愛い ★ウオールデコステッカーシールを貼ってみました^^

※・・注意点 水漏れがないか再確認!

 コツは・・トイレの止水栓をしっかり閉める事。吸水管の取付に新しいパッキンと交換ししっかり締める事。ゆるいと水漏れし、締めすぎるとパッキンが割れて水漏れするんだな、これが・何ごとも加減が大事・・はははっ

簡単でしょ・・・初めて取り付ける場合は吸水管の長さを測ってね。付属品と合わないときはホームセンターで数百円で購入しましょう。

交換したウオッシュレット・・粗大ゴミ(杉並の場合 300円)で処分しましょう(*^_^*)
賃貸の方は、現状復帰出来る場合のみ取付ましょう。

浮いた交換工事代金1万円・・・へそくりしよっと・・・

トイレの床と壁のプチリフォームはこちらで見てね^^

 


-----------------------------------------

ページの上へ

HOME ・ブログリフォームTOP

◆自分で作る二重窓(断熱と節電の内窓)


◆自分で出来る住まいのリフォーム


◆私の愛用する快適生活便利用品


いきつけのお店

楽天市場で探す
楽天カードで2000ptゲット

スポンサードリンク